理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回、”主従の形”というエントリーを書いたが、それについて、私の書きたいことがうまく書けていないような気がしたので、補足する。

あのエントリーで、私が書いた、主従の度合いについてだが、確かに、限りなく恋愛に近い主従を”1”に、最もハードと思われる主従を”10”にする、というのは、やっぱり大雑把過ぎて、わかりにくいようだ。

というよりも、私が言わんとしていることを、表現するには、微妙な表現方法だったかもしれない。

この度合い、色々な主従の形について、分かっている人にとっては、それはそれでいいと思うが、主従の形が様々に存在するということについて、経験や、見聞きしたことがない方にとっては、分からないのかもしれない。

なので、もう少し、私の経験からの具体例を書こうと思う。


例えば、奴隷が風邪をひいたとする。

初期の私なら、以下の様な感じの対応をしていたことが多かった。

奴隷が、「御主人様、風邪をひいてしまいましたので、明日のご調教のお約束はキャンセルさせてください。申し訳ありません」

なんて、言ってきた場合、私の反応は、

「そうか」

という一言で終わりだった。

奴隷に、いたわりの言葉をかけるでもなく、ただ、調教が無しになったということだけについて、了解した旨の返事を返す。

こんな返し方をしたから、奴隷は、私が怒っているのではないかと、心配になったりしていた。

私は、風邪なら仕方がないし、具合が悪いのに無理をさせるつもりもないから、別に怒ってはいない。むしろ、しっかり休めと思っていたのだが、「そうか」とか、「わかった」とか、そんな一言では、私の機嫌など、奴隷に伝わりようがない。

だから、この後、「お時間を空けていただいたのに、本当に、申し訳ありません。すみません…」

というような、平謝りのメールを奴隷が送ってきたりする。

そして、私は、それを見ながらも、何も返さない。

なんて、感じだった。

奴隷に、「気にするな」とか、「体を大事にしろ」とか、そういう言葉をかけないことが、御主人様”らしさ”だと思っていたところが私にはある。

初期のころの私は、こんな感じだった。

そういう、奴隷に対する、ぞんざいな扱いというか、必要な言葉すら与えないのも、主従関係の一つと思っていた。

これは、前のエントリーで書いた、1から10の度合いとは、また別のことだろうと思う。

恋愛関係でも、相手の女を心配する言葉をあまりかけない男は、いるだろう。

また、ハードなことをする御主人様でも、奴隷が風邪など、SMとは別の要因で弱っているときには、それを気遣う事はあると思う。

だから、1から10の度合いだけで、主従関係を語るということ自体が、まず、無理のあることだと思う。

前回のエントリーで、あんな書き方をしたのは、こういう風に、違う要素を入れると、本当にややこしくなるから、スッキリと書きたかったということだ。

ただ、あれ以外の要素は、主従にはないと、思われてしまうと、私の意図とは違う。

ちなみに、後からの私は、主従関係でありつつも、SM的なことと、そうではないことを、分けるようになっていった。

というよりも、私自身のS性というのが、どのような状況に反応するのか?が、かなりはっきりとわかったから、それに合わせるようになったということだ。

つまり、SM行為で、奴隷が苦しむ姿に、私は快感を覚えるが、それ以外の時に奴隷が苦しむことに、快感を感じていないことを、私は自覚した。

だから、SM行為の時に、苦しむ奴隷に、気遣う言葉をかけることはないが、風邪をひいた奴隷には、それなりの言葉をかけるようになっていった。

「しっかり休んで、早く治せ」

なんて、言うようになった。

でも、奴隷が、

「御主人様に、そう言っていただけて嬉しいです!」

なんて、言ってくると、途端に照れくさくなったから、

「風邪をひいた奴隷は、使いものにならない。早く使えるように戻せってことだ」

などと、また、あまのじゃくなことを、言ったりしていた。

それでも、奴隷に対して、体を大事にしろということは、口に出して伝えるようになった。

これは一例だが、こういう部分も、時間とともに、変化していった。

主従の形という意味では、これも変わった部分だと思う。


また、奴隷によっての違いということでも、一つ例を書こうと思う。

ブログを全体的に読んでいる方なら、もしかしたら、気がついているかもしれないのだが、例えば、”話をする”ということについて、奴隷によって、対応を分けていたなと、思い出す。

自分からよく話す奴隷がいた。

私が何も言わなくても、会った時や、電話なんかで、

「今日、食べたランチがすっごく美味しかったんです。今度、御主人様と一緒に行きませんか?」

なんて言い出して、食べ物の話から、どんどん会話が広がっていったりする。私が何も言わなくても。

そういう奴隷が相手だと、私は、

「ああ」とか、「そうか」とか、「良かったな」…

なんて、言葉で返していたことが多かった。

私から、何かを話すことは、少なく、奴隷が、私に質問でもすれば、それに答える、というくらいの対応。

とはいっても、奴隷が、楽しそうに話をする姿を見ているのは、とても楽しかった。

嬉しそうに、私に話しかける奴隷を、とても可愛いと思っていた。


でも、なかなか、自分から話をしない、引っ込み思案なタイプの奴隷の場合には、私が、話をふることが多かった。

喫茶店なんかに入って、飲み物の注文をした後。

奴隷が何を話すでもなく、ただ俯いている。

そのままにしていたら、店を出るまで何も話をしないで終わる。

そんな奴隷。

そのとき、口を開くのは私の方だった。

「昨日の休み、何してた?」

私も、そんなに話題が豊富なわけではないし、女性との会話がうまい男のように、気の利いたことを言えるわけでもないから、こんなことを聞くことが多かった。

それに対して、奴隷が答える言葉は、やっぱり、多くはない。

「お部屋の掃除をしていました」

「綺麗になったか?」

「はい」

これで、終わりだったりする。

また、沈黙。

そして、その沈黙を破るのは、やっぱり、私だった。

また、なにか聞く。奴隷と二言三言話をして、また、沈黙。

その繰り返し。

こうしないと、会話が成立しないから、必然的にそうなったということでもあるのだが、奴隷と、分かり合いたい、奴隷のことを知りたい、奴隷を理解し、ちゃんと受け止めてやりたい、という気持ちが強くあったから、奴隷に話しかけることが増えたのは、自然な成り行きだったのかもしれない。

でも、そんなことをしているうちに、ちょっとづつだが、うつむき加減の奴隷の頭が上に上がってくる。

それが、私には、嬉しかった。また、この上なく、愛おしかった。


奴隷と話をするということ、一つをとっても、こんなふうに違いがある。

奴隷によって、私が対応を変えた部分。

これも、奴隷の違いによる、主従の形の違いの一例だと思う。



全部は書ききれないのだが、こんな例は、山ほど経験した。

時間的に、また、私の考え方の変化によって、変わっていったこと、奴隷によって変わる(変える)ことは、たくさんあった。

主従の形というのは、こういうことから、作られていく。

私は、これまで、何人かの奴隷を持っているが、一つとして、同じ主従の形を持ったことは無かった。

そして、同じ奴隷に対しても、時間が経つことで、変わる事もあったし、奴隷の側も変わっていくから、それによって、変わる事もあった。

本当に、主従の形というのは、様々だと思う。

恋愛の形が、様々なことと同じように、主従も、決まった形だけがあるわけではない。

今の私が、初期の頃の私に、言いたいことがあるとすれば、このことだ。

一般的に思われている、主従のイメージに無理やり合わせようとする必要はない。と。

もちろん、信念や、プライドを捨てろとは言わない。むしろ、それは持っているべきだ。

自分が作りたい主従にとって、大切だと思う部分は、そのままに持っていていい。それを無理矢理に曲げる必要はない。

でも、主従の形は、様々であり、それを作るのは、御主人様だけではない。奴隷も重要な役割を果たすことは、忘れてはいけない。

そして、その形を決める時の一番大切なことは、御主人様も、奴隷も、お互いに幸せを感じられる形であること。

今の私はそう思えるし、これからの奴隷とも、そういう形を作れたら、いいなと思う。


なんだか、長くなってしまった。

補足ではなく、蛇足になったかもしれないが、こういうことを、今の私は自然に思えるようになった気がする。


詳しくありがとうございます。気になってしまったのですね(^_^)vetさんのお人柄を感じ嬉しく思います。
[2015/10/12 10:29] URL | パンダ [ 編集 ]
初めまして
初めまして、M女のあさみです。
私はいまご主人様がいます。

偶然こちらのブログをみつけ、気になる記事を幾つか読ませていただきました。調教する側の気持ちなど、はっとさせられることや、M女として共感できることが多く。

なんだか感動して、思わずコメントをしています。これからゆっくり、過去から遡って読ませていただきたいと思います。

あさみ
[2015/10/14 07:48] URL | あさみ [ 編集 ]
始めまして。
いつも愛読させて頂いております。

身体がしんどい私がずっと思い悩んでいた事が、今日のエントリーに書かれており、答えが見つかったような気がしました。

どうもありがとうございました。。
[2015/10/14 17:36] URL | なな [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。