理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン


奴隷が表の世界で悩んでいることを、私と居る時くらいは、”忘れさせて”やりたかった。

そんな思いが、いつしか、私の中に出来上がった。

奴隷に対する思いの一つ。


奴隷にも、表の世界での悩みがある。

会社で仕事がうまくできないとか、人間関係に悩んでいるとか、セクハラやパワハラを、されていた奴隷もいた。

家庭環境が、思うように行かない奴隷もいた。

本当はやりたいことがあるのに、それが出来ないと嘆いていた奴隷もいた。

体のことや、性格なんかで、コンプレックスを持っている、なんていうことも、半分、裏の世界のことかもしれないが、表の世界での悩み事の一つでもある。

他にも色々。

奴隷だからといって、表の世界をないがしろにしているわけではなく、普段は、表の世界で生きているのだから、やっぱり、表の世界での、困難なことというのは、奴隷の前に立ちはだかる。

私は、そういうことを、なんとかしてやりたいと思った。

最初は、なんとかしてやれると思っていた。

最初の奴隷なんかは、特にそうだ。

まだ、ブログに詳しくは書いていないが、私は、その奴隷のためにと思って、あがいた。

必死であがいた。

やれると思えることは全部やった。

奴隷の表の世界に、かなり深く干渉した。

奴隷の持っている悩みをなんとか解決したかった。

そのために、踏み込んではいけないかもしれなかったところまで、踏み込んだ。

それが最善だと思ったから、やった。

それで、奴隷が、幸せになれると思ったから。

というよりも、奴隷と共に、幸せになりたかった。

でも、それは、失敗した。

奴隷の悩みを、何一つ、解決してやれなかった。

それどころか、状況を、混乱させただけだったかもしれない。

とにかく、私は、奴隷の表の世界に対して、あまりにも無力だった。

あんなに、無力感を感じたことは無かったと思う。


でも、その後も、私はあがいた。

何匹か、奴隷を飼ってきたが、どの奴隷のときにも、私は、あがいた。

自分の無力は、嫌というほど、思い知らされていたが、それでも、やっぱり、悩んでいる奴隷、困っている奴隷を、そのままにしておくことは出来なかった。

表の世界のことだからといって、そのまま、何も聞かずに、ただ、裏の世界で、奴隷で遊ぶことはできなかった。

奴隷が困り、悩み、悲しむたび、それを聞き、どうすれば、それが解決されるのかを考えた。

そして、私ができると思うことは、やったつもりだ。

その中には、奴隷の悩みや困り事や辛さを解決することが出来たこともある。

でも、出来なかったことのほうが多かった。

奴隷の表の悩みは、私には手が出せないもの、手を出しても、簡単に跳ね返されるものが、多くを占めていた。

そのたびに、無力感に、さいなまれた。


そうしているうちに、私は一つのことを思うようになった。

それが、冒頭に書いたことだ。

奴隷が表の世界で悩んでいることを、私(裏)の世界に居る時くらいは、”忘れさせて”やりたかった。

裏の世界は、ある意味、私の世界だ。

私が自由に、演出することのできる世界だ。

せめて、そこに、奴隷がいる時くらい、表の世界のことを忘れさせてやりたかった。

裏の世界の中に、没頭させてやりたかった。

それなら、私にもできるのではないかと思った。

だから、奴隷を、ひたすらに、奴隷として、扱った。

私と居るときは、奴隷であることを、意識しろと、強く命じた。

奴隷が、表の世界の、悩み事や困り事や心配事を、考える余裕をなくするくらいの、快楽や、恥辱や、苦痛を、与える。

奴隷の、M性を満たし、性欲で埋め尽くす。

奴隷であることだけに集中させる。

表の世界を忘れるほどに。

自分の無力を知った後、奴隷が、とても悩んでいる時の調教で、私は、こんなことを思っていた。

その時だけは、奴隷が、表の世界の辛さを忘れられたのであれば、私にも価値があるのだろうと思う。

奴隷の頭の中はわからないから、調教中にも忘れずに、思っていたのかもしれないが、少なくとも、それを口にするほどに意識しないで過ごせるようには、させてやれた気がする。

でも、調教が終わると、奴隷は、また表の世界のことを思い出す。

表の世界の悩み事を、ぽつりぽつりと話したりする。

そして、私はまた、同じことをする。

なんとか、奴隷の悩み事を解決できないかと、あがく。

色々なことを考えて、こうしたら良いのではないか?とか、奴隷に言ったりする。

でも、これは、奴隷の表の世界のことであり、私があがいたり、口や手を出すことが良かったかどうかはわからない。

ただ単に、話を聞いてくれれば、それでよかったと思っていた奴隷もいたと思う。

でも、放置することは出来なかった。

どうしても、考えてしまう。

奴隷の、表の世界が、平穏であるようにと。

表も、裏も、うまくいくようにというのは、贅沢な願いかも知れないが、私は、奴隷には、そうであって欲しいと思っていた。

表の世界で、笑っていて欲しいと思っていた。

だから、あがいた。

でも、無力だったことのほうが多い。

それが現実だった。

あまり、変えられなかった。


奴隷が悩むなら、せめて、奴隷が、私の前で、奴隷で居る時には、それを忘れさせてやる。

それが、私にできる、最低限のことなのだろうと思う。

とは思うのだが…。

やっぱり、奴隷が、悩んでいたら、私は考えるし、できることがあるなら、それをする。

たとえ、表の世界のことであっても。

奴隷の悩みなんか、放っておいて、自分が使いたい時だけ、奴隷を好きに使えばいいのかもしれない。

自分のS性だけ、満たせば、それでいいのかもしれない。

それが、主従の本来の姿なのかもしれないし、そもそも、奴隷が、私に望むのはそれだけなのかもしれない。

でも、私には、そういう対応は、おそらくできない。

無力なくせに、お節介な奴だなと、思う。

こんな奴だからこそ、せめて、裏の世界でだけは、奴隷に、表の世界の悩み事を忘れさせてやりたいと思うのだろう。

それだけ強い、裏の世界の雰囲気を作る力が、欲しいものだ。


初めまして。
素敵な内容だったので、思わずコメントしてしまいました。
M女です。

お節介なんて、とんでもありません。
主様から与えられた苦しみで、どれだけ救われるのか
触れられるだけで、救われると思うし、実際に救われました。
もう少し、考察してみたいと思う題材でした。

わたしのブログに登場させても、よろしいでしょうか?
[2016/04/16 10:05] URL | 桜子 [ 編集 ]

>桜子さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
奴隷側の方の意見として、私のような考え方がお節介ではなく、それで救われることもあるとのことを、伺うと、本当に嬉しく思います。
私が、過去の奴隷にしたことで、うまくいかなかったことも多いですかが、それでも、奴隷の気持ちが、少しでも救われていたなら、失敗したことであったにしても、やっただけの価値はあったのかなと思えますので。ありがとうございます。

桜子さんは、ブログをお持ちなのですね。
私の拙いブログで宜しければ、ご自由に、登場させてやってください。
ちょっと照れくさいですが、光栄です。ありがとうございます。
[2016/04/16 16:03] URL | vet [ 編集 ]

ありがとうございます。
熟慮して書こうと思っています(*^_^*)
[2016/04/17 16:03] URL | 桜子 [ 編集 ]

>桜子さんへ

こちらこそありがとうございます。
桜子さんのブログも拝見させていただきました。
始められて間もないようですが、しっかりと書いておられて、
素晴らしいですね。
勝手ながら、私の方から、リンクさせていただきました。
もしもご迷惑でしたらそのようにおっしゃってください。
今後とも宜しくお願い致します。
[2016/04/19 08:27] URL | vet [ 編集 ]

リンクありがとうございます。
あれから急激に、カウントが増えまして、嬉しいことだらけです。

なかなか、他のM様の様に素直になれず、つい強気な態度に出てしまう
悪い癖がなかなか、直らず、そのままブログ上に表現されてしまっていますが笑
是非ぜひ、仲良くさせて下さい
ブログの登場は今しばらく、お待ち頂けたらと存じます。
[2016/04/20 07:40] URL | 桜子 [ 編集 ]

>桜子さん
主従にも、色々な形がありますから、それを素直に表現されてるのは、いいなと思います。
こちらこそ、仲良くしてください。よろしくお願いします。
私のブログの方は、いつでもいいですので、お気になさらずに。
[2016/04/20 10:31] URL | vet [ 編集 ]
主も従も、色々な悩みがありますね
私のご主人様は、何かレーダーのような物がついているのかなと思うくらい、私が悩んだり心配していることを察知して下さいます。
ですので、私も、自分の状況や気持ちをご報告するようにしています。
いつも真剣に話を聴いて下さるご主人様にとても感謝しています。
きっと、vet様の奴隷さんも、私と同じように、ご主人様が気遣って下さる事に感謝していらしたのだろうなと思います。
[2016/04/29 02:01] URL | mie [ 編集 ]

>mieさん
そんなに、しっかりと察知してくださるとは、すごいですね。
mieさんのご主人様は、mieさんのことを、とても大切に思い、しっかりと見ておられるのでしょうね。その現れかと思います。
そして、mieさんも、ご自身のお気持ちを、きちんと伝えているということは、そこで、しっかりとお互いの状況把握というか、コミュニケーションが、成り立っているということだと思いますから、良い関係をお持ちですよね。
私の奴隷が、どう思っていたのか?は今となってはわかりませんけれども、多少なりとも、私が思っていたことを感じていてくれたなら、嬉しく思います。
[2016/05/08 16:01] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報