理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

私が、自分のこれまでの主従関係を思い出して、とても大きなこととして、今、思うことの一つに、主従のイメージから作られる、セオリーと、実際に行われる主従関係や、SMプレイとのギャップ、がある。

このことについては、色々な例として、また、様々な側面から、ではあるが、何回か書いてきた。

今回は、主従のイメージから出来上がる、セオリーについて、書きたい。

私が主従を始めた時、主従関係というのは、こういうものだ、というイメージに縛られていた。

主従になったのだから、奴隷を従わせなければならない。

主従になったのだから、奴隷を支配しなければならない。

これが、私が、御主人様でいることを、意識した時に、頭に浮かんだこと。

この思いが、さらに次の思いを生む。

主従になったのだから、奴隷を蔑まなければならない。

主従になったのだから、奴隷を辱めなければならない。

主従になったのだから、奴隷を貶めなければならない。

主従になったのだから、奴隷に羞恥を与えなければならない。

主従になったのだから、奴隷を縛らなければならない。

主従になったのだから、奴隷を叩かなければならない。

主従になったのだから、奴隷を雑に扱わなければならない。

主従になったのだから、奴隷の前では、威厳を保っていなければならない。

主従になったのだから、奴隷に命令しなければならない。

主従になったのだから、奴隷よりも、自分の欲求や意向を常に優先しなければならない。

主従になったのだから、奴隷に弱いところは見せられない。

主従になったのだから、奴隷にかっこわるいところは見せられない。

主従になったのだから…

こんなことが、頭のなかに、ものすごくたくさんあった。

殆どが、SM系の雑誌やAV、SMプレイを見せる劇場などの中に見た、御主人様の姿から考えたこと、イメージされたこと。

言うなれば、主従初心者が、必死で覚えた、”主従の世界のセオリー”だった。

こんなセオリーを、私は頑なに守ろうとしていた。

実際、そうした。

SMプレイの時間になれば、奴隷に、土下座をしての挨拶をさせ、縛り、叩き、鞭打ち、蝋燭を使い、性処理では、当然中出し、性器や口はもちろん、アナルも使った。

洗濯バサミで、乳首やクリトリスを挟み、おもちゃで性器を弄び、首輪をつけ、拘束具を着せ、手かせ足かせで、動きを封じた。

奴隷を、椅子や、テーブルなど、人ではなく、道具として使ったりもした。

浣腸やスカトロもやった。野外露出もした。

性欲を管理すると言って、私と会っていない時、私が命令した時以外のオナニーを禁じ、奴隷らしくしろと言って、言葉を強制し、態度を躾けた。

それができないと、容赦のない罰を与えた。

さらに、理不尽なことで、叱りつけ、頬を打ち、残酷な言葉を浴びせた。

多頭飼いもした。

スワッピングにも行った。

常に命令口調、上から目線、不機嫌そうな態度。

笑うこともあまり無かった。

奴隷が話しかけるのを躊躇するような雰囲気をまとって、奴隷の前に立っていた。

それが、正しい、御主人様の姿だと思っていた。

これが、セオリーだからと。


そんなところから、私の主従は始まり、しばらく続いた。

これが、主従らしい主従だと思っていた。

主従は、こうあるべきだと、頑なに信じて、こうしていた。


これはこれでよかったのだろうと思う。

私は、今でもこれが、悪い御主人様の姿だとは思っていない。

こういう御主人様が居てもいいと思うし、ある意味、理想的かもしれないとも思っている。

御主人様のこういう姿に、M性を大きく刺激され、快感を感じる奴隷は、多いと思う。

だから、セオリー(あくまでも私が思うところの)が間違っているとは言わない。

でも。

私には、これらの全てを、ずっと続けることはできなかった。

もちろん、上記の事柄で、最後まで、続いたものも多々ある。

今でも、それでいいと思っているもの、次に奴隷を持つなら、やるであろうことはたくさんある。

どちらかと言えば、奴隷に対して、厳しい御主人様であったとも思うし、そうあることが、私のS性を刺激する部分でもあるのは確かだ。

ただ、私の心や意識が、受け入れがたいこと、というのが、出てくるようになってきた。そういうものに、気が付き始めた。


例えば、醜さ。

奴隷が、恥ずかしく、惨めな姿になるのは、受け入れられる、むしろそれを大いに望むのに、奴隷が醜い姿になるのが、嫌だと気がついた。

だから、スカトロをしなくなった。

落書きもしなくなった。

また、後々まで残る傷をつけなくなった。

奴隷の顔や肌は、綺麗なままがいい。

そう思うようになった。


例えば、嫉妬。

スワッピングに行くことで、他のM女を、調教したりした。

でも、自分の奴隷を、他のS男に抱かせた。

それが、耐えられなくなった。

だから、スワッピングが苦しくなり、行くのをやめた。

さらに、嫉妬心から、自分の奴隷の裸を他人に見られるのが嫌だと気がついた。

他人の目に触れる可能性がある、野外露出をしなくなった。


例えば、私が与える以外の奴隷の涙

奴隷が泣いているのを見るのは好きだ。

S性を刺激され、興奮する。

でも、それは、私が、泣き顔を見たくて与えた、苦痛や恥辱に対する涙だけだということに気がついた。

奴隷が、普段の生活の中で、また自己を評価する過程で、困り果て、悩み、苦しんでいる時に流す涙は、私を興奮させるどころか、私に心配をさせた。

私は、奴隷の表の世界でも、できれば幸せに、せめて普通に、過ごせていることを、願っているんだと、わかった。

私は、奴隷の表の世界に対しては、無力だが、せめて、奴隷の話を、聞いてやりたいと思うようになった。

奴隷が、私に何も言えないような雰囲気をまとい続けることをやめた。


例えば、情

自分の中に、奴隷に対する、好きな気持ちがあることに気がついた。

奴隷は、人ではなく、蔑むものであり、物である。

情を向けることなどしない。

それが、セオリーだと思っていたのだが、やはり、そう思い続けることはできなかった。

私は、奴隷が好きだった。

最初の奴隷は、奴隷にする前、彼氏彼女として、付き合っていた時から好きだったのだから、この気持ちは、元々あったものだ。

その好きという気持ちを奴隷に対して思うことを、躊躇するようになったのだが、それは続かなかった。

好きなものは好きだ。

それが、私の心が出した結論だった。

その後の奴隷も、私は全て好きになった。

愛情を感じていた。

その情があることを、自分の中で否定するのをやめた。


まだいくつもあるが、こうやって私は、最初にSMや主従というものの一般的イメージから作り上げた、”主従のセオリー”から、外れていった。

だから、もしかしたら、主従の世界においても、私は、異端なのかもしれない。

でも、多分、外れるべくして外れたのだろうと思う。

奴隷とは全て別れてしまったから、あまり、確定的なことは言えないが、もしも、私が、セオリーを頑なに守ろうとし続けたなら、もっと、早く、奴隷と分かれていたような気がする。

私が耐えられなくなって。

メールなど、いただくと、主従というものに対して、かなり、固まったイメージを持っておられる方が多いと感じる。

でも、主従というのは、おそらく、だが、もっと柔軟に考えていいものだと、私は思う。

少なくとも、御主人様が、自分にとって、合わないと思うことはしなくていいし、したいと思うことはしていいと思う。

そして、奴隷にとって、それが、納得できるものであったり、更に大きな快感や幸福感を得られるものであったりするならば、なおさら、それでいい。

それが、セオリーに合わなくても。

御主人様と奴隷で作る関係であるなら、御主人様がよければ、いいんだ。さらに、奴隷にとってもよければ、なおさらいい。

主従とは、そういうものだと、私は思えるようになった。


主従やSMに、セオリーはある。

そして、セオリー通りにやれば、それなりに、格好はつく。

主従を名乗っても恥ずかしくない状態には、なると思う。

でも、もしも、そのセオリーが、自分に合わないと思うなら、従う必要はない。

そう気がついた時に、私は、本当の意味で、S性を満たされるようになったと思うし、奴隷への想いも、もやもやした感情を伴わずに、自分の中に、堂々と置いておけるようになったように思う。

そして、そういう私を感じたからなのか、奴隷も、M性や気持ちが、前よりも、満たされて行ったように、私には見えた。


たまに、初心者御主人様の方から、メールをいただく。

どうやって、主従を進めていけばいいのか?というようなご相談だ。

それには、毎回、ゴチャゴチャと、長ったらしいお返事を書いてはいるのだが、結局のところ、

「奴隷との信頼関係をちゃんと作った上で、あとは、貴方の好きにすればいい」

この一言をお返しすれば、おそらく、大丈夫な気がする。


主従のセオリーは、大切だと思う。

セオリーを否定するつもりはない。

私も、セオリー通りがいいと思う部分はたくさんあるから。

でも、主従のセオリーは、御主人様の自由を縛る鎖でもあるのだと思う。

自分にとって、必要のない、セオリーという鎖は、外していい。

それを外すのに、あまり器用ではない、そして、頭の固い私は、かなり時間がかかってしまったように思うが。

でも、外すべきところは、外したことが良かったのだと、私は思える。


その柔軟性に気がついてくれたS様に感動しました。私もその方が自然だと思うし、お互いに良いと思います。ご主人様の圧で何も話せなくなること沢山あります。そしてパンクします。私もvetさんのようなご主人様を望んでいました。今回のお話に救われました。
[2016/05/24 07:37] URL | もえ [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/05/25 20:21] | [ 編集 ]

>もえさん
主従って、お互いにとって良ければ、何でもアリ、だと、最終的には私は思うようになりました。
ただ、これも難しいところで、御主人様にとってよければ何でもアリ、の場合もあるんですね。そういう主従も多いと思います。私も、こういう部分はあったなと思います。
でも、話ができないと、結局うまくいかないことも多いので、話せる関係というのは、大切だなと思います。


>2016/05/25 20:21にコメントくださった匿名希望さんへ
メールを別にくださってありがとうございます。
管理人のみ閲覧のコメントになってしまったご事情もわかりましたので、大丈夫です。

そうですね。セオリー通りにやれば、うまくいくことも多いので、それに従って行くのもありだと思います。でも、二人でせっかく作る関係ですから、オリジナルの部分というか、もしも、セオリーから外れていたとしても、二人にとって、心地良いことが、あるなら、それを取り入れていくことで、幸せな関係になっていくのかなと私は思うようになりました。どちらが良いとは言いませんが、本当に良い関係を目指すことができる主従って幸せだろうなと思います。

[2016/05/28 00:03] URL | vet [ 編集 ]

私にとって、SMっていうのは一種の遊びだし、ロールプレイの一形態と認識しています。
図に表せば、こんな感じです。

                
(遊び)SM ロールプレイ  (境界線)  DV いじめ 暴力(危険)


ただ、この図式がよくわからない人はSさんでもMさんでもいました。
そういう人を私も何人も知っています。
それでもMさんの場合は相手に危害を加えない立場だからまだよかった。
これがSさんだと正直、相手のパートナーさんが悲惨でしたよ。

SMとDVの区別がつかなかったり、Mになら何してもいいって。
そしてここでもうひとつ怖いのは、そのSさん達には何の反省も罪悪感もないってことです。
あるいはごくたまに内省したりはするんですが、でも、そこまで自分のことを考えることもしません。

でも、それはSさんだからじゃなくて、人間だからです。
ここを勘違いして、だからSなんて碌でもない人間ばっかりだって、
叩く人もいます。

でも、そうじゃないんです。それは人間だからです。
自己分析には限界があります。

精神分析家のカレン・ホーナイも指摘してるように、
人間って自身への言い訳や自己の正当化を欲しがる傾向があるから、
これはもうどうしようもないです。

大抵の人間は自分に甘く、他人に厳しいんですよ。
私もvetさんもSさんもMさんも。
よく言うでしょ、殴った側はすぐ忘れるけど、殴られた側はいつまでも忘れないって。
なんでこういう事が起こるのか、私たちは自分の痛みは理解できても、他人の痛みはわからないからです。
イメージとしては理解できても実際に体験しないとわからないんですね、人間って。

逆に本当に客観的に自己分析が出来る人間がいたら、それは聖人君子の類と考えてもいいと思います。
あとは、個々の人物の持った共感性の問題も関わってきます。
共感性の欠如した人間はどこにでもいて、それはSMの世界も例外ではありません。

この手の人たちがDVに走ったり、自己の妄想をこじらせたりします。
Mになら何をしてもいいとか、そういう妄想を抱えてるSさんは発達障害であることが多いです。
その場合、パートナーさんは悲惨な目に遭います。
怖いですよ、これは。こういう話をするとSM差別だって騒ぐ人もいます。
ただ、よく考えて欲しいのはSM行為は危険を伴うプレイも多いのに、
そこで相手を気遣えず、考えられない人間が行った場合、どうなるでしょうか。
これらの話はあくまでも理を詰めていった話です。
差別でも何でもありません。


セオリー、何かに思い込み過ぎると自分も他人も傷つけることが多々ありますが、
そこで自己の思い込みや執着を捨てられたなら、それはある種の悟りを開いたという事ですね。
素晴らしいことです。vetさんはある種の悟りを開いたのです。

何でもそうだけど、全く同じことなんで物事には何一つないのだから、
その場、その場で柔軟に対応するのは大切なことです。
もう一度言わせてください、vetさん、貴方は悟りを開いたのです。


それなら私もここで一つ、今後、vetさんの何かの役に立ちそうな話をしたいと思います。
vetさん、相手の心を完璧に読むことはできません。
これ、ウィリアム・イッキーズという心理学者の実験なんですが、
人間は親友、家族、パートナーに対して、相手の心をかなりの程度まで理解してると思い込んでいます。
しかし、実験の結果で言えば、実際は三十五%しか理解していませんでした。
ちなみに赤の他人の場合は二十%です。

同じようにイッキーズは恋人同士で、相手の自尊心に関する調査テストをしました。
相手の自尊心を五段階評価で一番低い場合は①、一番高い場合は⑤と記すように言われてです。
確率的には当てずっぽうでも二割いきます。
そしてテストの結果、なんと四十四%の正解率が出たのです。
パートナーの八十二%が相手の心を理解していると答えているのにですよ!

こういうのを「ダニング・クルーガー効果」もしくは「平均以上の幻想」といいます。
むしろ、自分は何もわからない、だから知ろうと考えて学んだほうがいいです。
何事も。

人間なんて自分が思ってるほど賢くも無ければ、大したこともない存在ですよ。
そうは思いませんか、vetさん?

[2016/06/01 19:08] URL | まりさ [ 編集 ]

>まりささんへ
SMとDVの境界線が、私から見たら、超えているんじゃないかと思えるS男の方、たしかに見たことがあります。ですので、それについては、私も、自分のS性をどこまで出すのか?ということで、考えささせられた部分でもありますね。
自由にやっていると言いつつも、どこからが、DVなのか?というのは、やはり、気にしながら、やっているところは否めないと思います。
そういう意識をまずは、持つことなのかなとも、思います。
それもなければ、完全にブレーキがなくなってしまいますから。それはまずいだろうというのは、私も思いながら、主従をやっておりましたね。というよりは、おっかなびっくり踏み込んで、徐々に、できる部分を見つけて行ったというのが、正しいかもしれません。

悟りを開いたとまで言われるほどのことではないと思いますが、これもやっぱり、色々なことをやってみた経験から、思ったことですので、やはり経験の大事さというのは、感じます。

相手の考えていることを理解するのが難しいというのは、私も散々に思い知らされて来たので、よくわかります。
学問としては、実験もされて、色々とわかっていることもあるようですが、私は自分の経験から、奴隷とのことで、分からないのことのほうが多かったように思います。当時わからなかったこともありますし、今でもわからないことも、たくさんあります。
なので、少しでもそれを整理したいというのが、このブログを始めた動機でもあります。私は、奴隷との付き合いの中で、何故うまくいかないのか?という事態にも何度もあってきましたから、自分を賢いとか、そういうふうには思わないですけれども、奴隷の前では、完璧な御主人様でいたいという気持ちは強くありましたね。

[2016/06/08 10:52] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報