理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

奴隷の一生懸命さというのは、尊いものだ。

一生懸命な奴隷は、可愛いと思うし、私に、満足感を与えてくれる大きな要因でもあったと思う。

今回は、そういう話。


奴隷になっている方や、奴隷になろうとしているM女の方から、「御主人様に好かれる(捨てられないようにする、奴隷にしてもらえるようにする)にはどうしたらいいか?」というような内容のご質問をいただくことが、それなりにある。

文脈から、質問をくださった、奴隷の方や、M女の方が求めている答えは、具体的な技術とか、奴隷としての振る舞い方などを、教えてほしいということであるように感じるのだが、

私が、奴隷に求め、また、奴隷にするかどうかを、考える時に重視したのは、そういう具体的な事柄よりも、奴隷の気持ちの持ちようだったように思う。

奴隷を持っていた頃も、少なからずそうだったと思うし、今、奴隷を持つことを考えるとしてもおそらくこの比重はかなり高い。

それは、主従関係を結び、奴隷を、”奴隷”にしていく過程を考えると、特にそうだなと思える。


私の場合、ではあるが、奴隷が、”私の奴隷”になるには、時間がかかる。

「主従関係を結びました」という瞬間から、M女は、奴隷になる。

それは確かだ。

だが、私にとって快適に使える奴隷かどうか?ということで考えるなら、この段階では、違う。

奴隷にしたM女が、私にしっくり合う道具、私のことをちゃんと理解し、私のための奴隷として私が満足するように振る舞える状態に、一朝一夕でなれるとは、そもそも、私は思っていない。

それは、誰の奴隷にもなったことがない奴隷初心者のM女は、もちろんそうなのだけれども、奴隷経験者であっても、私の奴隷になったなら、私に合うように、カスタマイズするわけだから、あまり変わらないと思っている。

そして、何よりも、奴隷が、できないことが多いと、私は楽しかった。

私の前で、性技や私が望んでいることを、うまくやることができず、醜態を晒したり、粗相をする姿に、私は奴隷を追い詰める口実を見出していく。

もちろん、もっと理不尽に追い詰めても、全く構わないのだが、私の性格からして、奴隷に非があって、それを口実にして、追い詰めるというのが、もっとも納得でき、気持ちが良く、楽しかった。

だから、奴隷に、最初から、なんでもスマートにこなされてしまうと、逆に、面白くなかったりする。

我ながら、ひねくれた人間だと思うが、私というのは、そういうものだ。

これを勝手に、他の御主人様も同様だと、拡張して考えていいのかどうかは分からないが、御主人様、というのは、こういうことを思っていたりすることもある。

だから、御主人様が、奴隷に求めているもの、というのは、最初は、プレイの技術や、奴隷の作法ではなく、こういう部分も多いように思う。

フェラチオが上手いとか、男が気持ちよくなるようなツボを心得ているとか、いわゆる、セックス技術的なものや、

奴隷としての態度や、言葉遣い、立ち振る舞いが、できるとか、そういう、奴隷作法などを、

うまくこなせることは、少なくとも、私は、奴隷にした直後には、あまり望んでいなかった。

それは、調教をこなし、躾をして、徐々にできるようにさせていくものであると私は認識している。

もちろん、最初からできるから、ダメだとか、そんなことも思わないのだが、できたとしても、私は、私の奴隷にすべく、それを壊して、再構築するのだから、あまり変わらないと思っている。

だから、私は、セックス技術や、奴隷作法のことを、気にするくらいなら、私に合わせること、vetのためだけの奴隷になることに対して、一生懸命であることを、強く望んでいたと思う。

奴隷が、そういう、気持ちを持っているかどうか?

まずは、精神的な意味で、私の奴隷になっていこうとしているかどうか?

それが、そういった具体的な事柄よりも、重要視するところだと思う。

私は、私にしっくり来るように、私だけに合うように、奴隷に躾をすること自体も楽しむのだから。

その私の楽しみに対して、奴隷が真剣に取り組む気持ちを持つこと。

一生懸命であること、必死であること。

そこに、私は、奴隷の価値を大きく感じていたと思うし、そういう気持ちが奴隷から感じられると、自分の物として、手放したくないという思いは、やはり大きくなる。

必死についてくる奴隷は、かわいいものだ。


世の中の風潮としてもそうかもしれないし、私自身も、ある程度思っていることでもあるのだが、なんでもスマートにこなすことを、良しとする気持ちというのは、誰でも持っていると思う。

誰だって、失敗しないで上手くやりたいと思うのは自然だろう。

それが転じて、何度失敗しても、必死で頑張ることとか、ひたすらに邁進することとか、何か一つにこだわって、それを信じ抜くこととか、そういうのを、カッコ悪いと感じる思いは、多かれ、少なかれ、奴隷の中にもある。

それは普通のことだと私は思う。

ただ、そんな気持ちを持ちつつも、御主人様に付いて行こう、尽くしていこう、そして、自分を捧げていこうと思って、必死になっている奴隷は、私はとてもかわいいと思う。

そういう必死になること、というのは、時に、無様で、カッコ悪いなと思うのかもしれないし、「私、なにやってるんだろう…」という思いとも、紙一重なことかもしれない。

それに、必死でぶつかっていっても、御主人様の中には、それを軽く流して終わり、なんてことも、よくある。

私も、一生懸命に、やっている奴隷を褒めたいのに、褒めるのが恥ずかしいから、褒めずに無視したことなんかは、多々あるから。

でも、一生懸命に、御主人様を見て、一生懸命に、できることを考えて、一生懸命に、自分を捧げて尽くす、奴隷の姿は、とても美しいと、私は思う。

その一生懸命さが、たとえ空回りしていたとしても。

だから、もしも、御主人様に好かれたいと思うなら、そして、今の自分には、御主人様を喜ばせることのできる、性技も、奴隷としての作法も、なにも無いように感じて、不安があるのであれば、

無様でも、カッコ悪くてもいいから、御主人様に対して、何事にも、一生懸命になってみるというのは、一つ、大きな手段として、有効なのではないかなと、私は思う。

また、誰か意中の人がいて、その人の奴隷になりたいと思うなら、最初は、何もできなくてもいいから、少なくとも、一生懸命に尽くしたい、必死で付いて行きたいという、気持ちだけは、伝わるように、したらいいのではないかと思う。


テーマ:SM - ジャンル:アダルト


vet様

前エントリーの最後のご質問へのコメントから続いているような、今回のエントリーように感じました。
信頼関係っていつだって難しくて、でもそれは主人側も奴隷側もきっと思っている事なのでしょうね。
奴隷になる側というのは、それまでの普通の恋愛でも依存的であったり尽くし過ぎであったりする事で、痛い目にあったりしてきている方も多かったりするんじゃないかなと…。
全てをさらけ出して一生懸命にお仕えする事を、自分のご主人様は本当に受け入れて下さるのか…受け入れられた時、自分はご主人様にもっと依存してしまうのではないか…最初はとても不安ですね。
乗り越えていきたい壁だなーと思いました。
[2016/08/22 23:10] URL | さくら [ 編集 ]

>さくらさんへ
このブログは、私が過去の気持ちを整理するということで始めたものですが、いつの間にか、たくさんの皆さんからメールやコメントをいただけるようになり、また、そういう方々と様々なお話をさせて頂くことで、私の整理も、客観的な視点を取り入れた形で進められたと考えております。
なので、コメントや、メール、twitterなどでお話をさせていただいた皆さんには、とても感謝しているんです。
ですので、逆に、私ができることも、していきたいなという気持ちが、ここ数年は強くなってきておりまして、ご質問が多い事柄や、特に気になることなどについて、また、この世界の特殊性など、SMや主従世界をそれなりに経験してきた者として、なにか参考になることでも、書けたらいいなという気持ちも持つようになりました。
ですから、こういうエントリーも多くなってきております。
もちろん、私自身のためのブログという基本路線は変わりませんけれども、見た方のお役に立つ部分が、少しでもあれば嬉しいなとも思っております。

奴隷になる側のM女性は、確かに、そういう経験をしている方って多い傾向はあると思います。依存とか、尽くしすぎたりとか、いわゆる、”重い女”と、相手に思われてしまって、傷ついてきたという方もいらっしゃいますね。
でも、そもそも、人を好きになるとか、主従関係を結ぶとか、そういうつながりを持つということは、ある程度、重いものなのだと私は思っています。特に、信頼関係が深くなるということは、重さも増すことでもあるのかもしれませんね。深い関係というのはそれだけ多く関わるということだと思いますので。それが嫌なら、信頼関係もなかなかできないようにも思います。
もちろん、その重さというのは、人それぞれで違いますが、どこまで受け止めてくれる人なのか?ということも、相手を選ぶ時の一つの基準なのかもしれないと私は思います。本当に、すべてを受け止めてくれる人もいます。なかなか、そのようにできない人も居ますから、自分の想いに見合う相手を見つけるというのも、必要なことかなと思います。
そして、依存というと、ネガティブな意味になることが多いですが、そもそも、主従という関係は、SがMを必要とし、MもSを必要とする、という依存関係が根底にあるとも言えると思いますので、ある程度、相手に依存することは、織り込み済みで、するものなのかなと、私は思っております。

とはいえ、仰るとおり、どこまで相手に受け入れてもらえるのか?不安になることもありますよね。それを手さぐりしながら、関係を深めることが、大事なのかなと思います。
[2016/09/03 08:08] URL | vet [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/01/23 05:37] | [ 編集 ]

>2017/01/23 にコメントくださった、匿名希望さんへ
人を、慕う気持ち、そして、それが満たされているときの幸福感はとても大きいですね。
私も、それはすごく強く思います。

そして、どんな恥ずかしい姿でも、どんな性癖でも、さらけ出しても、受け止めてもらえる関係の中に、
とても大きな、安心感や、居場所を見つけたという、達成感の・ようなものもあるのだろうと思います。
そういう気持ちで、見上げてくる奴隷を、見下ろす時のことを、私も思い出しておりました。
それは、御主人様にとっても、幸せな時間です。
お互いに、良い時間を過ごせる関係って、素晴らしいですよね。

ブログ、楽しみにしてくださっているとのことで、ありがとうございます。
徐々にではありますが、しっかり書いていきますね。
また、よかったら、遠慮なく、コメントくださいね。
[2017/02/08 01:39] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報