理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

私は、こんなブログを書いているくらいだから、”自分の奴隷”への思い入れは強い。

この”自分の”というのは、私にとっては、大きなことだったのだと思う。

そのことを、最近、メールをさせていただいた方とのお話の中で思ったので、書いておこうと思う。


私は、ある時期、スワッピングの会に、定期的に参加していた。

それは、二匹目の奴隷の話の中で、書いたが、その時のことを考えてみると、思うことがある。

私は、自分の奴隷を持っていても、他の女(この場合は、他人の奴隷)を抱くことはできた。

それは確かなこと。

主従関係で、誠実とかそういうことを、論じ始めると、1対1の関係を確実に守るのが誠実だとする価値観が大勢を占めていると思われる、一般社会とは、かなり乖離した話になりそうなので、ここではしない。

ただ、私も、一般的な意味で、誠実であるとはいえないことを、過去にしてきたので、自分が誠実な人間だと主張するつもりは全く無い。

スワッピングをし、多頭飼いもしてきたのだから、今更、誠実だとか、そんなことを言えた人間ではない。

だが、そういう、世に言うところの不誠実なことを、散々にしてきた結果、実際の私の気持ちとして感じたことはある。


自分の奴隷と、他人の奴隷は違う。

もっと言えば、自分の奴隷と、それ以外の女は違う。

当たり前のことだと思われるかもしれないが。


私は自分の奴隷に遠慮はしない。

というよりも、遠慮をしなくて良いと、心底思えるようになったときに、それが自分の奴隷だと言えると、表現したほうが的確かもしれない。

わかりやすいもので言えば、SMプレイの中。

容赦をしなくて良い責め。

それは、奴隷の身体を破壊するという意味ではなく、あくまでも、私自身がやりたことを、奴隷に対して施すということ。

縛りをきつくするとか、鞭の力加減を強くするとか、そういうこととも、重複する部分はあるのだが、意味合いとしては、少し違う。

自分が縛りたい時に、縛りたいように縛る、自分が打ちたい時に、打ちたいように打つ。

性処理に使いたい時に、使いたいように使い、何もしたくなければ、待てと命じて、部屋の隅にでも置いておく。

他のプレイも全て同じ。

あくまでも、自分のタイミングで、プレイをする。

その時に、奴隷が、快感を感じているかどうか、ということも、気にかけない。

実際には、奴隷がどう感じているのか?を観察してはいるのだが、たとえ、奴隷がその調教を辛い、または快感を感じていないとわかっても、私が、楽しければ、それを続ける。

精神的な調教でもそうだ。

奴隷に、屈辱を与える。

羞恥を与える。

追い詰める。

そういうことを、躊躇なくやる。そのとき、それが私にとって楽しいなら。

そして、褒めたりするのもそう。

褒めたければ褒める。

褒めたいときだけ褒める。

まあ、褒めることに関しては、私は下手ではあるが…。

でも、全て、私が主導する。

そのことに、ためらわなくていい。気を使わなくていい。遠慮しなくていい。

それが、私が目の前の奴隷を、”自分の奴隷”だと認識しているときの接し方だと思う。

自分の奴隷であっても、今まで奴隷経験がない奴隷への初期の調教時なんかは、いきなり無茶はできないから、様子を見ながら加減はするが、そういう一部の例外時はあるとしても、”自分の奴隷”には、やはり、自分の奴隷であることで、私の側からの気持ちの面での遠慮というのは、ない(誤解しないでほしいが、肉体的、精神的に、奴隷を壊すこととは違う)。

もちろん、奴隷のことは本当に好きだったから、その気持ちと、そして、作り上げてきた信頼関係、深い繋がりの上で、のこと。

私が、奴隷を受け入れ、そして、奴隷も私のことを理解しているからこそできる、奴隷への接し方でもある。


でも、他人の奴隷だったり、自分のものだと認識していない女だったりしたとき、私の中には、どうしても遠慮が生まれる。

躊躇が出る。

自分がしたいことを、完全に優先するのではなく、相手の様子を見ながら、それに合わせて調教を組み立てる傾向にどうしても陥っていく。

スワッピングの会で、その日、初めて会ったM女(他人の奴隷)に、調教をしたとき、私は、「何をされたい?」と聞いてしまったことがある。

その時点で、私がしたいことをしているわけではなくなるので、この質問ははっきり言って、愚問なのだが、こんなことを聞くようになるくらい、私は、他人の奴隷に遠慮していたのだろうと思う。

スワッピングも、何回か参加するうちに、慣れていったから、私の遠慮や躊躇も、減っていき、私が主導してやれるようには、なっていたのだが、それでも、最後まで、”他人の奴隷”は、”自分の奴隷”のようには、扱えなかったと思う。

そして、そういう遠慮のある精神状態での、調教は、おそらく質がかなり落ちる。

主従の雰囲気の作り方からして、違う。

同じように、縛っても、同じように、鞭を打っても、やはり、違う。

あの感覚の違いを、どう表現していいのかわからないが、手がこわばったような感じと言えばいいのか…。

繋がりが希薄で、信頼関係も特に作ったわけでもなく(当然、SM行為を問題なくこなせるという信用はお互いにあるのだが)、阿吽の呼吸と言うか、そういうものも特に存在しない。

そんな相手に、調教をするとき、変な緊張をしていたというか、もしかしたら、私は、怖かったのかもしれない。

それは、きっと、私の責めを受けている奴隷も、感じていたのだろうと思う。

「ああ、この人は、いつもの感じじゃないのだろうなぁ」と。

もしも、そのとき相手にした奴隷が、そう感じていたのなら、きっとM性は、あまり満たされなかっただろうと思う。

そして、思い入れ。

奴隷に対する、気持ちが違っている。

愛情を感じている相手への責めと、そういう気持ちがない相手への責めでは、向ける気持ちも違う。

私が、S性を発揮するときの原動力の一つは、おそらく支配欲求ではないかと思う。

”自分の奴隷”であれば、もっと支配したい、さらに自分のものとして、自分に合うように、馴染むように、躾けていきたいという欲求が普通に湧き上がる。

でも、”他人の奴隷”なんだなと思うと、その支配権は、私が調教したとしても、他の御主人様にある。

もっと深く支配したいという気持ちは、湧いてこない。

他にも、あると思うが、こういう、精神的な部分で、かなり違ってくる。

それが、おそらく、SM行為にも出て来るのだと思う。

だから、私は、スワッピングなどを体験してみて、”自分の奴隷”ではないものを調教することが、少し苦手なのだろうな、ということは、自覚した。

”他人の奴隷”や、誰の奴隷でもないM女を、調教することも、主従の雰囲気で接することも、私はできる。

できることは確かなのだが、それが、本当に良い調教になっているのか?と考えると、私の場合には、うまくなかったように思える。

遠慮や躊躇が、どうしても消せない。

要するに、気持ちをそこで切り替えるのが、下手なのだ。

自分のことながら、不器用だなと思う。

本当に、器用にそれをこなす人達を見てきたから、特にそう思うのだろう。

むしろ、自分のものよりも、他人のものを犯すことのほうに、興奮し、大きな快感になる人までいるから、この世界にいる人の嗜好は、多彩だ。

スワッピングの会に参加していた時には、”他人の奴隷”にも、同じようにやれたらいいのになと思って、頑張っていた。

だから、それなりのレベルで、責めることは、できるようにはなったと思う。

でも、おそらく、そんな私に、調教されても、あまり良くないと、気づく奴隷(M女)は気づくものなのだろうと思う。

私は、そういう、ややこしい奴だ。

SMに、気持ちが大きく出てしまう。

ややこしい奴ではあるが、”自分の奴隷”に対して、遠慮や躊躇すること無く、調教できるのであれば、私は、それでいい。

自分の奴隷と、気持ちをつなげて、過ごす時間は、何よりも幸せなものだ。

スワッピングの会から、徐々に私の足が遠のいたのは、そういうことを思うようになったからでもあると思う。

念のために、書いておくが、スワッピングをする人たちを、否定する気は、全くないし、そこで、私も自分の欲求を、たくさん満たしたのは確かだ。

なによりも、あそこに居た人たちは、本当に楽しそうにやっていたので、そういう世界があることは、それはそれでいいのだろうと私も思う。

でも、私には、多分、あまり合わないのだろうな。

経験してみて、それをすごく感じた。

自分の奴隷と、他人の奴隷の、決定的な違いを。

初めまして。
topのどこか分からない所・・・から伺わせて頂きました。
記事を読み返して 施す側の方もこんな葛藤と言うのか、微妙な心のうちもあるのだなぁと
色々な思いが巡りました。
この世界は深すぎて、未だに感覚は浮遊しているようです;
ユックリですが拝読させてくださいませ。失礼致します。

佳音
[2016/10/06 05:15] URL | 佳音(kano) [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/10/06 16:54] | [ 編集 ]

>佳音さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
長年、ブログをやっておりますと、それなりに分量も増えてしまいますので、どこからでも読んでいただけたなら、それで、ありがたいです。

そうですね。例えば、ネットを見渡してみても、受ける側の気持ちを書いたブログとか、twitterなんかは、よく見かけるのですが、施す側は、なかなか、自分の気持ちを書けないものでもあるのか、深い部分の気持ちを書いている人は、あまりお見かけしないですね。なので、そのあたりについては、知らない人が多いのかもしれません。
でも、受ける側、施す側、どちらも人間ですから、何の気持ちもなくやっているわけではないんですよね。私は、そういう部分を書き残しておきたくて、ブログを書いております。
この世界は、深いと私も思います。表の世界には秘匿しながらも、人の欲望をダイレクトに実現しようとするという時点で、かなり無理があり、矛盾も生まれるのですけれども、それを個々の思いが支えている世界かなと思います。
この世界で何かを掴む人も居ますし、何かを失う人も居ます。難しいところですね。
私のブログは、その本当に一端でしかないが、もしも、読んでいただけたなら嬉しく思います。


>2016/10/06 16:54にコメントくださった匿名希望さんへ
はじめまして。コメントくださってありがとうございます。
ご質問の内容はよくわかりました。それで、匿名希望さんの主様は、おそらく答えてくださらないと思うことなのですよね。そういうことって、私もあると思います。このブログのタイトルにもあるように、奴隷には言えない話ってありますので。
ですので、ここから書くのは、私の場合です。匿名希望さんの主様も同じことを考えておられるかどうかはわかりませんが、私の考えとして、書きます。

私が、スワッピングをしたときのことは、二匹目の奴隷のところで、書きましたが、その奴隷を、別の御主人様から、譲り受けたのですね。私が譲り受ける前に、その奴隷と前の御主人様はスワッピングの会に行っておりました。なので、その奴隷にとっては、スワッピングをするということも、SM行為の中の一つということで、認識しており、スワッピングの会の方々とも、親交がありましたので、その繋がりを絶たないようにということで、スワッピングに行こうと思ったというのが、私の場合には、最初の大きな理由です。
ただ、私に奴隷が譲渡された時点で、私がスワッピングに行くことを拒否することは当然できたわけですから、私も、他の人の奴隷を調教してみたいという欲求は、当時ありました。なので、行くのを決めたということはあると思います。
また、こういう世界にいたとしても、他の人の調教の様子を見るという機会は、一部の人を除いて、あまり多くないと思います。ですので、その当時、ほとんど自己流で、SMをしたり主従をやっていた私としては、他の人がどのようにやっているのか?ということが気になった部分もあります。
ただ、実際に気持ちの中にあったものは、欲望なのかな?と今になると思います。当時、奴隷を譲り受けたことで、私は多頭飼いになりまして、奴隷を複数持つ、色々な女を抱くという欲求が大きかったのかもしれません。それを手っ取り早く実現する手段として、スワッピングというものが、目の前に出てきたので、飛びついたということはあったかなと、思います。
やってみたら、なにか、違うな…と違和感を感じたのは、エントリーに書いたとおりですが、やる前は、こんな風に、欲望のままに行こうと思っていたのだろうと、今にしてみると思います。
[2016/10/07 14:39] URL | vet [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/02/05 15:18] | [ 編集 ]

>2017/02/05にコメントくださった匿名希望さんへ
ご結婚されて、長く経っても、そういうプレイをされておられるということ、お互いを信頼しておられるから、できることなのだろうなと思います。
ご夫婦で、しっかりと、性癖が合い、お互いに興奮して納得できることを、ずっと続けられるというのは、素晴らしいですね。
なかなか、そういう性癖の場合には、難しいことも多いものですが、お互いにしっかりと理解し合っておられるのが、感じられますので、羨ましいご夫婦だなと思いました。
コメントを書かれたのは、旦那様の方かな?と思いますが、奥様のことをあそこまで、素晴らしく書いておられて、とても愛されておられるのが伝わってきました。
これからも、仲良く、良いご夫婦でいらしてくださいね。

それで、お誘いの件についてですが、私としては、今、そういうことをしたいとは思っていませんので、ちょっとそれは無理かなぁと思いました。申し訳ないのですが、遠慮させてください。
私などに、お声をかけていただいて、とても光栄です。ありがとうございます。
[2017/02/08 01:55] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報