理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私が用意していた箱の中に入っていたのは、本とビデオ。

どれもセックスに関係したもの。

ただ、過激な本やAVではなく、どちらかというとセックスのハウツー本のようなものだった。

その中でも、一番刺激が少なそうな本をまずは取り出して美佳と一緒に見始める。

正上位でのセックスなど、これまでにしたことのあるものに混ざって、クンニなども出てきた。

そのときにも、

「あ、これ、前にやろうとして、失敗した奴だ」

と、笑いながら言った。

「それは私が…」

「二人が、だよ。二人でしてたことだし」

「でも、私の汚いところだから…」

「俺にとっては汚くないけどな。美佳のだから。なんかうまそうだし」

とにかく、笑いながら、冗談を交えながら、楽しくなるように言った。

そんな私に美佳は困惑気味ではあったが、嫌そうな雰囲気でも無かった。

とにかく、気軽に話すように気をつけて、美佳と一緒にその本を一通り見ていった。

見終わったとき、

「なんか、やってみたいのあった?」

そう聞いたが、美佳は首を横に振った。

「そっか。じゃあ、別のにするか」

といって、私はまた箱から別の本を出した。

もちろんそれも過激な本ではない。ゆったりとしたセックスのための本、みたいなものだ。

そして、それも一緒に見る。

それが終わったらビデオ、ビデオを見たら、また別の…と、いくつか用意して箱に入れておいた資料を順番に見て行った。

そして、すべて見終わってから、

「どう?なんか興味持ったのある?」

それでも美佳は首を横に振った。

「そうか。じゃあ、また今度、違うやつ探しとくから、それ見ような」

私は何事も無かったかのように美佳に笑いかけながら言った。

セックスに奥手な美佳が、私が用意したもの全てを否定することも、もちろん、想定していたから、

こういう結果にも、特に気分を悪くすることも無かったし、むしろ、美佳が気分を悪くしないかどうか?のほうが心配だった。

だから、これでも仕方が無いと思ったし、見終わっても、美佳の様子がいつもとそれほど変わらない態度でいてくれたことに、少しホッとしてもいたのだった。

「でも、こんなに調べてくれたのに…」

「それはいいよ。別に大したもんじゃないし」

そういって、笑いかけ、本当になんでもないという風情で、私が本やビデオを箱に片付けようとしたとき、その手を美佳が止めた。

「私…」

「ん?」

美佳は何かを考えていた。私にこれだけのことをさせたのに何もないというは良くないと思っているように思えた。

そして一冊の本を手に取ると、ページをめくり、その中から一枚の写真を指差した。

「これ、あなたは気持ちいい?」

美佳が指差したのは、立っている男の前にひざまずき、股間に顔をうずめて、性器を口にくわえた女の写真。

美佳はフェラチオを選んでいた。

「どうかな。でも、美佳がしてくれるなら、気持ち良さそう」

「これでいい?」

「うん。美佳がいいならいいよ。お返しに、俺も美佳にやろうか?」

一度失敗したクンニを申し出た。だが、

「それは…」

と、美佳が、難色を示す。私は無理にそれを進めることはしなかった。

「じゃあ、これだけにしよう。ちゃんと洗っとくから」

と、なるべく楽しそうに言った。

「うん…」

美佳の表情や口調から察するに、積極的にフェラをやりたいという事ではないようだった。

男の性器を咥えるということに、奥手な美佳が乗り気だとは思えなかった。

でも、美佳には、私がいろいろなことを考えて、用意したことに応えたいという思いがあるようであったし、

クンニをされるよりは、この方が良いと思ったのかもしれない。

こんな経緯で、美佳は、私にフェラチオをすることになったのだった。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト


vetさん、こんばんは。

Kennyです!

なんかエッチで何でもやってくれる子もいいですが
自分で調教するのもおもしろそうですね!
僕は今女を口説く練習というか、ある方にいろいろ教えてもらってますが
ある程度落とせるようになったら次のステップへと考えてます!
それがセックスです。

すでに購入する商材も決めてありますので、
購入したら今のブログのようにレビューしていく予定です^^
かなり評価の高い商材なのでほぼ間違いはないだろうとふんでます。
そちらも是非、お楽しみに♪

応援ポチ♪
[2009/09/15 20:29] URL | Kenny [ 編集 ]

女との関係を、友達なり、恋人なり、主従なり、色々と築く場合には、おっしゃるように、ある程度のセオリーや何かのテクニックがあるというのは、私もわかりますが、結局のところ、お互いの気持ち次第だろうというのが、色々な女を扱ってきた私の意見です。

商材というのが、なんなのか、良くわかりませんが、私の経験上、女を必ず落とせるとか、落とす確率を上げられるとか、そういう類のマニュアルは存在しないと思っています。それは女も十人十色ですし、馬鹿ではないからです。もしもその購入されるという商材が、そういう類のものでしたら、それははっきり言って無駄になると思いますので、買わないことをお勧めします。

商材に何が書いてあるのかはわかりませんが、そういうものを買うくらいなら、色々な女と話をする機会を増やす努力をするほうがよほど効率的だと思いますよ。本気で女と付き合うつもりがあるのでしたら、私は商材などに頼らないことをお勧めしますし、そういうのに頼らなければ何も出来ないのでしたら、失礼なことを言うようですが、女にとって、魅力の無い男になっているのではないかと思います。
[2009/09/20 23:53] URL | vet [ 編集 ]

こんにちは、Kennyです。

僕なりの意見を述べさせてもらいますね^^
もし気分を害されたらすいません。

おそらく情報商材というものを知らない人からすれば
「うさんくさい」
と思うのが普通でしょう。

僕は人を信じやすい性格上
いろいろな恋愛系情報商材を購入してきました。
価格はだいたい1つ1万円~3万円くらいです。

始めの頃は全然使えない商材を購入して
物凄く後悔してた時期もありました。
しかし本当に良い商材にめぐり合えた今
購入した金額以上のものを得ることができ
とても満足しています。

お互いの気持ちも大事だというのもわからなくもないのですが、
現実は違うのです。
いくら僕がある女の子を好きで優しく思いやりのある態度で接していても
見た目が良い女性ほど男として見てくれないですね。

必ず女を落とせるマニュアルは存在しませんが
確率は格段に上がっていきます!
十人十色でその女性に合った接し方というのもあると思いますが、
本質的な部分で共通することもたくさんあります。

色々な女性と話をする機械を増やすためにも
商材を購入したという目的があります。

本気で女性と付き合いたいからこそ
今、経験を積んで学んでいるところなんです。
将来、大好きな女性が現れたとしても
その女性に好かれなきゃ意味がないですからね。

そして現在、以前の僕のように女性と接することが苦手な人のために
ブログを運営しているわけです。
正直に言うと僕のブログから誰かが購入したら僕にお金が入ります。
「金儲けかよ!」
と思われるかもしれませんが、
お金を稼ぐ本質は人に感謝されてその代償としてお金を頂く
という信念でやっています。
実際始めたばっかりでまだ稼げていませんが、
自信を持ってお金を稼いでると言えます。

実際に僕の紹介している商材を購入することで
必ず救われる人がいると信じているからです。
世の中には、まともに目を見て女性と会話することができないような
そんな男性もいるということをご理解いただければと思います。

そんな人にとって女性にモテるようになるということは
どれだけ素晴らしいことでしょうか。
自分に自信がつき、いろんな面で人生がうまくいくことでしょう。

それと僕が紹介してる商材の著者の藤村さんと宮地さんは
人間としても物凄く魅力的な人です。
「そりゃ商材を買ってもらったんだから、よくしてくれるだろ」
彼らは購入してない人の相談まで乗ってくれる素晴らしい人です。
そして何度メールでありがとうと言ったことか・・・。
数え切れないほどの恩をいただきました。

僕が稼げるようになったらお金を払ってでもいいから
vetさんに是非どんなもんか試してもらいたいですね^^

長くなってしまい、
それと反論ばかりで申し訳ない気持ちですが
これが僕の正直な気持ちです。
[2009/09/26 21:21] URL | Kenny [ 編集 ]

 まずは、Kennyさんがおっしゃる情報商材の中身を確認したわけでもないのに、批判的に書いたことは、私の落ち度でした。情報商材というものの世間的なイメージに引っ張られていたと思います。それに関しては謝ります。申し訳ありません。また、私の意見に対する反論というのはもちろん構いません。Kennyさんが思うところを書いてください。

 このブログの最初にも書きましたが、私はルックスは良くないですし、それほど話がうまいわけでもないので、大学時代までずっとモテない人生を歩んでおりました。ひょんなことから奴隷を飼う機会は得ましたが、今はまた、かなりの間、独り身です。多分、女にモテない人の気持ちというのは、ある程度はわかるつもりです。なので、情報商材にすがってでもパートナーが欲しいという想いもわからなくもないです。

 ただ、私は”情報商材”というものに関してはかなり懐疑的な考えを持っています。合理性があまり感じられないのです。以下、ちょっとイジワルに感じられるかもしれない質問を書きますが、理系Sのブログということでお許しください。ただ、これは私の率直な疑問ですので、もしも気が向けば、お返事いただけると、私の情報商材への不信感も薄まると思います。

 まず、コストです。書籍でも男女関係のハウツー本はたくさんありますが、安ければ1000円以下、高くても3000円くらいあれば、手に入ります。私もこういうものはかなり買いました。ブログの中でも書いてますが、男女関係やセックスについて悩んでいた時期がありましたので、そのときにはこういう本やDVDを買い漁りました。でも、書籍にDVDがついたりして高くなったとしても、6000円くらいが限度でした。それ以上の値段のものを私は見た記憶がないです。
 それに比べ、情報商材のお値段は、1万円を軽く超え、3万円とか書いてありますよね?そこがわかりません。PDFファイルでの配布のようですから書籍のように印刷の手間もなく、在庫を抱える心配もなく、必要なだけデータをコピーすればいくらでも売れるという、低リスクでコストも少ない効率的な販売形態であるにもかかわらず、書籍の10倍くらいの値段がするというのは、私には全く理解が出来ません。
 これが適正な値段だというのであれば、書籍に書いてあるよりも10倍の効力がある情報が入っているのだと思いますが、それだけの価値のあるものが、そもそも存在しえるのか?書籍だけでもかなり参考になることが書いてありますから、その10倍の価値のある情報っていったいどんなものなのか?私には想像することすらできません。
 ですので、適正な値段で売られているのかどうか?なぜあんなに値段が高いのか?ということ。これが一つ目の疑問です。

 二つ目ですが、”情報商材”のイメージに関してです。ネットに少し慣れてくれば、情報商材を売ろうとするスパムなんかも良く見かけますので、すぐにちょっと胡散臭いイメージを持つ人が多くなると思います。私もその一人ですし、Kennyさんも、コメントを拝見すると、情報商材がそういうイメージをもたれているものであるということは、認識されているのですよね? だとすれば、なぜ”情報商材”という形で売ることにこだわるのか?私には理解できません。Kennyさんがお勧めしている情報商材が素晴らしいものであるならば、そもそも、情報商材という形態で売るのではなく、もう少し社会的に信用のある形態、例えば、書籍にするとか、そういうことをなぜしないのか?というのがものすごく疑問です。
 今なら自費出版ということも出来る時代ですし、そもそも、これまでの書籍の10倍の価値のある情報がそこに書いてあるとするならば、出版社が出版させて欲しいと言うくらいのものだと思います。もしも、出版社が見向きもしないのであれば、それはその時点で情報的価値が少ないのだろうと思いますが、その点に関してはどのように考えておりますでしょうか?Kennyさんが著者ではないとのことなので、答え難い質問だとは思いますが、Kennyさんとしては、そのあたりに疑問を持つことはないのでしょうか?

 三つ目ですが、Kennyさんが情報商材を売ることでお金を儲けるということに関しては私はかまわないと思います。販売する努力に対する報酬ですから、それが正直な商売であるなれば問題ないでしょうし、それでモテない誰かが救われるということなら、なお良いですよね。でも、それならば、なぜ、今、売ることが出来るのか?というのが疑問です。コメントにもありましたが、「今、経験を積んで学んでいるところ」であるとのことですよね?でしたら、本当にこの情報商材が効力を発揮するのかどうか?ということに関して、まだ結果が出ていない、確証を得ていない段階なのではないかと思うのですが、どうなのでしょうか?現状として、Kennyさんは、試している段階というか、将来、好きな女性が現れたときに使うために学んでいるところなのに、それを、効力があると言って販売することは、正直な商売だといえるのでしょうか?ここが、私が気になった三つ目です。

 本当は他にもいくつかありますが、とりあえず、一番大きな3点だけお聞きしたいと思い、長文ですが、コメントをお返しします。
 自分で書いていて思いますが、かなり意地悪な質問かもしれません。答え難らければ、無視していただいて結構ですし、お返事いただいても、納得できる合理性を私が感じなければ、私にとって”情報商材”というのは”うさんくさい”ものというままで終わってしまうかもしれません。そうなることも含めて考えて、もしもよろしければお返事ください。

[2009/09/26 21:25] URL | vet [ 編集 ]

vetさん、こんにちは、Kennyです。

まず、読んでもらえないと思い最新の記事にコメントして
面倒な手間を増やしてしまって申し訳ありませんでした。


実際、情報商材というものに騙されてきた人は私を含め数多くいます。
ですので不信感を抱くのはいたって普通の人の考えだとも思っていますので
謝ることはないですよ^^
実際の販売ページを見ても
「誰でも簡単に」
とか、かなり怪しい言葉がいっぱいですからね。

それでは質問の回答していきますね。

1と2。
これは同時に回答していきます。

まず、コストが適正かどうかについてですが、
商材を購入することによって実際にモテない男に
彼女ができるという前提でお話しますね。

女性と目も合わせられないモテない男に
彼女ができるという価値について考えると。
1万や2万は逆に安いくらいだというのが僕の考えです。

彼女ができるという価値をお金で考えるというのは
ナンセンスかもしれませんが、人生という大きな枠で
考えると数百万の価値すらあると思ってます。

さらに彼女ができることで自分に自信が付くようになり
仕事でも友人関係でも人生が良い方向に回りだすことは
彼女ができるようになった多くの人が体験することでしょう。


情報商材と書籍の違う点は2つあります。
1つ目はサポートがあるということです。
ちなみに僕の紹介してる商材は期限なしの無制限で
メールサポートが受けられます。
これは販売者によって一ヶ月とか三ヶ月とかにしてる人もいます。

マニュアルで意味がわからないとこがあったり、
実践してうまくいかないことがあった場合
僕の紹介してる商材の販売者はとても親身になって回答してくれます。
いくら良いマニュアルでも購入者の過去や現在の環境によっては
形を変えていかないといけませんからね。
そこをサポートで補ってくれたり、
励ましの言葉を頂いてモチベーションの維持につながったっりもします。

2つ目はバージョンアップがあるという点です。
これも僕が紹介してる販売者に限ってのことですが(もちろん他にもそういう方はいます)

時が進むにつれてマニュアルが使えないものになることもあります。
そういったことをバージョンアップで補ったり、
さらに使える良い情報を発見した場合にはマニュアルを追加してくれます。


僕は恋愛系の書籍を購入したことはありませんが、
書籍だと悪い言い方をすれば売ってそれで終わりですよね。
人間というのは十人十色で、考え方、過去の経験、能力、本当にさまざまです。
情報商材は書籍とは違いなるべく多くの人が成功できるようにできています。

こういったこと点で書籍よりも価値が高いと言えるのではないでしょうか。

書籍化しない理由も
これは僕個人の予想ですが
できるだけ多くの人を成功させたいという販売者の気持ちだと思います。
たしかにそっちの方がお金を稼ぐことができるのも事実ですが、
僕が紹介してる商材の2人の販売者からは
お金を稼ぐことを第一の目的としていない感じが伝わってきます。

あと人から感謝されることに対して物凄い喜んでくれる人です^^
書籍では実際に感謝の言葉をもらうことは稀ですからね


3つ目に関してです。

僕が今経験を積んでるところ
と言ったのはちょっと語弊がありましたね。
申し訳ありません。

僕の究極の目標は彼女を作ることではなく
めちゃくちゃモテるようになって
モデル並みの美女をゲットすることです。(←頭おかしいですよね^^)
それで経験を積んでると言いました。

今運営してるサイトは女性と接することが苦手な人に対して
彼女ができるようになるよう作ったサイトです。

彼女を作るというとこに関しては
ネットからの出会いで2人とお付き合いしました。
現在は別れて独り身ですが・・・。

そういう実績の元、商材を紹介しています。
ただブログにはそのことに関して言ってないです。
ブログを始める前でしたし、0からやってる姿を見てもらいたかったもので。

今ではリアルの出会い(仕事場、合コンなど)では彼女を作る自信はありませんが、
ネット上だと作る自信はあります。
ブログにもありますが、こないだのデートは
可愛い子すぎて緊張し失敗に終わっていまいましたけどね。(汗)

ですから全てのモテない男性にとって良い商材だとは言い切れませんが
(これに関しては相談という形で勧めたり、購入を控えてもらったりしています)
自信を持ってお勧めしています!


質問に対する回答は以上です。

なんか今のところお互い意見が対立してはいますが
こうして真剣に意見をぶつけ合うということが
うれしくてしょうがないです^^(←変人ですね。笑)

また何か疑問がありましたら是非おっしゃってください^^
[2009/09/27 18:45] URL | Kenny [ 編集 ]

情報商材のこと、詳しく書いてくださってありがとうございます。

 まず、私の1と2の質問に対するお答えですが、前半は納得できませんでした。問題をすりかえていますよね?私としては純粋に、情報商材の作成や流通などのコスト、また他の書籍などの情報と比べて、適正な値段かどうか?ということを伺ったつもりでしたが、「彼女が出来るのであれば、数万円というのは安いだろう」というお答えは、答えになってないと思います。数千円の書籍でも、彼女が出来たら同じことですので。その理由では値段に関する説得力がないですよね。純粋に、その情報商材の高価な価格の理由ということでお聞きしましたので、その論点をずらしてお返事されたのは残念です。

 後半の、情報商材を購入するとサポートがつくと言うお話に関しては、納得できました。メールなどでの質問や相談が、期限なしの無制限に可能で、さらにバージョンアップもあるということでしたら、そういうサービスも込みの値段として考えることができるということですよね? それでしたら、似たようなサービス、例えば、結婚相談所とか、カウンセリングや占いなどを何度も受けることと比べると、それほど変わらない値段になるということだと思いますので、そういう意味では適正な値段だという主張は理解できました。

 ただ、そうなると一つ問題が出てきます。この情報商材が売れていけば、質問や相談もそれに比例して増えるはずです。しかも、期限なしの無制限で相談できるわけですから、どこかで著者の方が対応する限界が来ると思います。期限なしの無制限で対応すると言うのは実質的に不可能ではないかと思いました。まあ、彼女が出来た人はもう相談しなくなるとは思いますが、もしも大量に売れた場合、この相談サービスが破綻する恐れがあるのではないかと危惧いたします。そうなった場合、きちんとしたサポートが受けられず、値段だけの価値がなくなる可能性を秘めているのではないかと思いました。普通に考えると、売れば売るほど破綻に近づくサービスではないかと思われます。

 また、書籍化しない理由に関しては、私はお金を儲けることが悪いとは思いませんので、その点を指摘したつもりはありませんでした。もしも、儲けるのが悪いと言う風に私が言っているように感じられたのでしたら、それは違いますし、そう思わせてしまったのでしたら申し訳ないです。ただ、書籍化したほうが社会的な信用が得られやすいので、結果的にたくさんの人に見てもらえるのではないか?と私は思うのです。現状、情報商材として売る場合の”うさんくさい”というイメージがある状態よりも、書籍のほうが、よほど受け入れる人が多いと思います。また、著者の方が”多くの人を成功させたい”と願うということでしたら、なおさら、書籍化して、たくさんの人の目に止まるようにしない理由が私にはわかりませんでした。購入者とのメールでのやり取りなどが書籍ではできなくなるので、それを重視しているから書籍化しないというのもわかるのですが、そういうサービスがついている書籍として売り出せば良いだけのような気がしますし、実際、私が仕事で使う技術系の書籍の中にも、購入者が著者や編集者に、あとから質問やお話ができるようなものは普通にあります。また、書籍にはよく、読者カードなんかもついてきますよね。感謝の言葉を励みにしているというのであれば、そういうものに書く人も居ると思いますし、小説やマンガなどでファンレターを出す人も普通にたくさん居ますから、書籍にしたからといって読者との関係が断ち切れるとは思えないです。
 ただ、Kennyさんは著者ではないですし、予想として書いてくださった話ですから、ここでの私の指摘も、もしかしたら違うのかもしれませんね。

 3つ目の質問に関しては、すでに実践済みとのことで、それなら私は何も言うことはありません。モデル級の美女のゲット、頑張ってください。


 色々とお話させていただいて、私も情報商材のことに関して、前よりも少し判った気がします。また、この機会に、ネットで情報商材に関して少し調べてみました。本当に真面目に作られたものもあれば、詐欺まがいのものもあるようで、玉石混交の状態であるという現状がわかりました。Kennyさんがお勧めされている情報商材が、どんなものか?というのは、やっぱり買ってみないとわからないのでしょうね。胡散臭いと言う意味ではなく、例えば、私が使うとした場合に、私に合うかどうか?という意味でも、買うまでは、わからないのだろうと思いました。本屋などで少し立ち読みして自分に合うかどうかを判断してから買うとか、そういうことが出来ないのが情報商材の辛いところかなと思います。

 本当に丁寧に説明していただいてありがとうございます。私もかなり勉強になりました。ただ、話題がだんだんと、私のブログの趣旨とは、ずれてきてる気がしますので、そろそろ、情報商材のお話は終わりにしようかと思っております。一応、これでもSM(恋愛?)ブログなものでして…。

 もしもなにかありましたら、このエントリーのコメント欄に続けて返信してくださって構いませんが、私としては、そろそろこの話題に一区切りつけようかと思っております。お返事をしないという意味ではないですが、ブログの趣旨とは違う話になってきているので、情報商材に関する長いお返事はおそらく今回が最後になるかと思います。ただ、とても丁寧に色々と教えてくださったことには、感謝しております。

[2009/09/28 12:05] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。