理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン
股縄というのは、緊縛という分野全体から見ると、それほど難しいものではないだろうと思う。

ちょっと慣れればすぐにできるかなぁなどと、今の私は思っているのだが、

その”ちょっと慣れれば”までたどり着くのに、自分が結構な時間を要したことは、意図的に忘れようとしているのかもしれない。

本当に、なにごとも、都合よく解釈し、格好をつけたがるのが、御主人様という人種の悪い癖なんじゃないかと思ったりする。

というか、私だけかもしれないが…。

このブログでは、私は、なるべく格好つけないで、失敗も素直に書くと決めたのに、やっぱりカッコいいご主人様だったことにしておきたいという気持ちが沸いてくるのだ。

本当に困った性格だと思う。

少なくとも私は、御主人様としてのテクニックはそれほど高くなかったし、ましてやカッコよく御主人様をやっていたとは口が裂けても言えない。

今後、私がそういうことを書いたら、それは見栄っ張りな性格が頭をもたげてきたのだと思って、笑ってくれて構わない。


なんだか話がそれた。

股縄の話に戻る。

私が、奴隷に緊縛を始めたかなり初期の頃、股縄もうまくやれなかったときのことだ。

一本の縄だけで作るとすると、締め方とかの加減でどうしても思った通りにならないということで、股縄ですらも、ちょっと難しいことに気がついた。

そんな私は、やっぱり、そこで考えた。

そして、一本の縄だけでやろうとするから大変なのだと、思ったのだった。

ベルトと、縄でとりあえずやってみようと思いついた。

奴隷のウエストにきつめにベルトを締め、それに股を通す縄を結びつけて、股縄と同じようにしよう、なんてことを思いつく。

このあたり、別の方法を考えるのは、多少得意かもしれない私だ。

それで、最初、奴隷が持っているベルトを使えばいいか?とも思ったのだが、そのとき奴隷のスカートについていた女用のベルトは細く、なんとなく不安な感じがしたので、

私のズボンからベルトを外し、使うことにした。

ベルトをかなりきつめに奴隷のウエストに巻く。

その時点で第一の失敗に気がついた。

奴隷のウエストは私よりもかなり細かった…。

つまりそんな位置にベルトの穴が無いのだ…。

でも、そんなことでめげる私ではない。

奴隷にベルトを巻いて場所を確認すると、私は躊躇することなく、ベルトに目打ちで、穴をあけていた。

そして、もう一度奴隷にベルトを巻いて締め、新しくあけた穴でベルトを止める。

かなりきつめに奴隷にフィットして、いい感じだ。

しかも、太いベルトが奴隷の肌に食い込む様は、それだけでも鑑賞していて楽しいものだった。

そして、いくつかの結び目を作った縄をベルトの奴隷の腹の側に結び、それを奴隷の股に通して、背中側でまたベルトに引っ掛けた。

そして、力を入れて、奴隷の股に、縄を、縄の結び目を食い込ませていく。

私が力を入れるたびに奴隷がうめくが、

「もっと股を開け」

といって、足を開かせ、縄をさらに食い込ませて、限界まで引っ張ったところで、ベルトに結んで股縄を完成させたのだった。

我ながら良い出来だと、密かに自画自賛していた。

奴隷は股に食い込む縄の感触に最初は苦痛を感じ、顔をゆがめながら、

「ま、股縄を…してくださって、ありがとうございます…」

と、苦し紛れのように言っていたが、

それも次第になじんでいき、最後は、股縄に酔っているかのような表情になり、快感を感じているようだった。

自然に性器から液が出て、縄にしみ込んでいく。

そのことを指摘して、奴隷を辱めたりしながら調教を進めた。

最終的に、股縄メインの調教としては、かなり満足のいくものだったと思う。

さらにその日、奴隷の股縄はそのままにして寝かせた。

そして、次の日の朝。

やっぱり、一晩経つと、縄も少し伸びるのか、股縄は緩くなっていた。

しかも、前の日にも増して奴隷の汁で、縄がヌルヌルになっていたのだった。

だから、私は、

「お前の汁のせいで伸びたのか。せっかく締めてやったのに、台無しだな」

なんて、また理不尽なことをいった。

奴隷は、

「申し訳ありません。私は御主人様に調教していただくと、汁を垂らしてしまう淫乱な牝犬です…。どうか、罰をください」

などと言って、床に頭をこすりつけていた。それに対して、

「じゃあ、もう一度締めなおすことにしようか」

と言って、私は股縄をさらに締めようと、縄に力を加えた。

「あぁ…」

と、奴隷がうめく。それは悲鳴とも、快感の喘ぎとも聞こえ、サディストである私の加虐心を大いに刺激した。

そして、調子に乗った私はさらに力を入れる。

が…。

次の瞬間、

ブチッ!

と音がして、何かが切れた。

「あ…」

私は唖然とする。

「あ…」

奴隷も呆然としている。

私も奴隷も、プレイというのを忘れて、素に戻ったような雰囲気だった…。

そう、切れたのは、縄ではなく、奴隷のウエストに巻いた私のベルトだった。

本来、穴をあけるべきではないところに穴をあけられたベルト。

さらに、股縄で強引に引っ張られて、一晩中、その穴に不自然な力がかかっていたベルト。

その上、さらに私が力をかけたから、ベルトはついに耐え切れなくなって切れたのだった。

まあ、ベルト自体も長年使っていたもので、くたびれてきていたから仕方が無いのだが…。

これが第二の失敗。

しかも、その日、私は奴隷の部屋に泊まり、そこから直接会社に行く予定だったのだ。

これが最大の失敗。

さすがにベルト無しではズボンが下がってくる。

でも、会社に行かないわけにはいかない。

仕方が無いので、切れたベルトをとりあえず瞬間接着剤で固めておそるおそる装着した。

なんとか、その日、駅の中の売店でベルトを買って、トイレでつけかえるまで持ってくれたのはありがたかったのだが…。

このときは、奴隷の前での失敗をフォローすることすら出来ず、急いで会社に行くことになってしまった。

もちろん、ベルトが切れたのは、夜の間に愛液で縄を緩くした奴隷のせいだ、ということにはしたのだか、その強引な理由付けには、かなり無理があるように思われた。

でも、そのときは、それが精一杯。

本当に情けなかった。

だから、このとき、二度と奴隷の調教のために、自分のベルトには改造を施すまいと硬く心に誓ったのだった。


テーマ:SM - ジャンル:アダルト

わ~ベルトが!
わ~vetさん、ベルトがwwwベルトがあ~!ww 調教は実践あるのみ、ということですね。失敗を経験してカッコいい技を徐々に編み出していく・・・と。でも、いつもvetさんがし試行錯誤してオリジナルプレイ(?)を編み出す過程が、素人が入っていきやすくて好きです・・・それに、vetさんが困惑したり動揺したりしてるのがリアルに見えてきて、何だかその場にいるみたい。面白い。

ベルトで思い出しました。私の元カノも、私に自分のをさせようと、ベルトに穴あけた経験ありです。その日のデートで、私のベルトを「そんなのおしゃれベルトだ!ゆるゆるで半ケツじゃん!肌なんか見せて!イヤらしい娘!ベルトの役目を果たしてない」とかイチャモンをつけて、無理やり自分のを私の腰に二周もグルグル巻きにして(彼女はぽっちゃりしてたので)、留め具で穴を無理やり穴を空けて留め、そのへんてこベルトのまま街を歩かされました・・・「似合ってるよ」とか、赤ちゃんブッダのような微笑で私を眩しげに(そして満足そうに)見つめる元カノ・・・。完全に嫌がらせです。vetさんたちのは調教ですけど、私達のって一体・・・。こんな羞恥プレイ、いらない。と私は心の中でつぶやきました。
[2009/10/18 23:19] URL | sabo [ 編集 ]

なるほど…私の主が絶対に私に対して負けを認めたがらない、自分がいつも正しくて全て私が悪いかのように言うわけが、今ようやく理解でき、腑に落ちました。
私どもは公的には師弟のような秘書のような、あるときには対等なような、微妙な立場なのですが、全てのモードにおいて主はこのような対応をするので、私も主従以外のときはつい反抗したり理不尽さにムッと来たりしてしまうのですが…それは主の「御主人様としての尊厳」だったりするのかもしれませんね。う~ん、それなら私も常に奴隷モードでとらえて差し上げないといけませんねぇ。主従の心理は複雑です。
vetさんのおかげで私の知らなかった「御主人様」の心理や考え方を知ることができ、理解が深まってきてる気がします。ありがとうございます。これからも赤裸々で生なお話、楽しみにしております。
[2009/10/19 00:31] URL | はる [ 編集 ]

>saboさん
初心者御主人様の頃の話というのは、今思い出しても、変なことばかりですね。書くのが恥ずかしいくらいですが、とりあえず、SMの入り口として、笑ってもらえたらそれで私も本望です(笑)その後、経験を積むと、私も少しはまともになるんですが、それでも良いご主人様だったかどうかは、ちょっと疑問です。


saboさんのベルトのお話もなかなか面白いですね。ファッションとしてのベルトか?実用としてのベルトか?というところで、かなり意見が分かれたみたいですね。女性同士なら、そういうところ、意見が合いそうに思いますが、そうでもないんですね。そのあたりはちょっと不思議に思います。
そして、最終的には、saboさんがベルトを締められてしまうところが、また楽しいですね。本当に、大変でしたね。


>はるさん
御主人様になる人というのは、多分結構プライドが高いかもしれませんね。私も、普段、仕事をしていて、自分の仕事には誰にも文句は言わせないつもりでプライドをかけてやりますし、そこで何か言われると、ついムッとなるようなところはあります。
でも、本当は自分が悪いってわかってることも結構あるんですよね。それでもそれを認めたくないというのが、困ったところでして…(笑)
子供じゃないんですから、変な意地を張ってないで、もう少し周りに合わせろと思いますが、なかなか気持ちがついていかないのが、御主人様の基本スペックなのかもしれません。そのあたりのこと、色々なエピソードがありますから、御主人様の気持ちの動きなど、また書いていきますね。
[2009/10/19 20:22] URL | vet [ 編集 ]

vetさんはほんとにお優しい…
私だけでなく皆様のコメントへのお返事など読ませて頂いては、
「ああ、優しいかただなぁ…」と、しみじみじわっと静かに感動しております。
お返事の言葉ひとつひとつに思いやりと愛を感じます。
こういう方が「S」だというのも、また興味深いことですよねぇ…。
[2009/10/21 01:26] URL | はる [ 編集 ]

そうですか?優しいですか…。そういわれますと、なんだかちょっと恥ずかしいかもしれないですね。好き放題やってきている気がして、自分ではそういう自覚があまり無いですから…。でも、なんだか嬉しいです。ありがとうございます。

優しいSというと、知り合いの御主人様にも結構居たような気がします。と言っても御主人様同士での付き合いの中で、という意味ですが。逆に、私が色々なM女を見て思うに、性格とM性というのは、関連があるとは思いますが、微妙にそうでもない部分もあるとも思っています。本当にMなの?っていうくらい、すごく気の強いM女にも会ったことありますから。なので、Sもきっと色々なのでしょうね。本当に、こういうのは、興味深いことだと私も思います。
[2009/10/21 08:51] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報