理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

今回のエントリーは、私が御主人様をやめて、客観的な視点でSMや主従という人間関係を思い起こし、考えたたときに思ったことを書いてみた。

本当は、このブログって、こういうことをメインで書く予定だったような気もするのだが、今は別のことがメインになっているような…。

まあ、それはそれだ。

とりあえず、今回は、元御主人様が今思っていることの一部を書いてみる。

これからも、こういう”私自身の考え事”、みたいなエントリーはたまに出てくると思う。

多分、それほど面白くないので、読み飛ばしてくれても構わないが、興味があれば読んでもらえると、個人的には嬉しく思う。



私が、SM関係の知り合いの様子や、話を聞いたりした中で、主従関係のパートナーの作り方として、

一番多かったパターンは、最初は普通の男女づきあいから始まって、その後、主従になったというもの。

続き物の話で、今書いている私と美佳もそうだった。

また、その中で、どういうきっかけで主従に発展したのか?というと、

男がSで、男の方から女に主従関係を持ちかけたケースが多く、そのとき、女がMだったから、主従関係になったというものだ。

持ちかけてみたものの、女がMじゃなくて、失敗したとか、最悪、別れたという話も良く聞いたから、やっぱり男から持ちかける場合が多いように思う。

この傾向は、私が男で御主人様だったから、そういう事例が良く耳に入ってきただけかもしれないが、

男がSであることを言うよりも、女がMであることを言い出す方が、恥ずかしいという気持ちが強いということのようにも思う。

そして、それはなんとなく私も判る気がする。

男の方からのアプローチの仕方としては、ストレートに「俺、Sなんだよね」って言った人の話も聞いたことがあるのだが、

セックスのバリエーションとして、ソフトSM的なものを織り交ぜつつ、女の反応を見ながら徐々に進めて行く、という感じの人が多かったように思う。

やっぱり、Sの男だとしても、一気にS性を発揮してしまうということには、抵抗がある人も多いのだろう。

そして、こういう方法をとった場合に、失敗してしまったケースの話を私は良く耳にした。

慎重にやっているはずなのに、どうして失敗することになるのか?と、私は当初、不思議に思っていたのだが、

その状況を色々と想像してみると、私は、Sの男のSMに関する勘違いがあるからではないか?と、思うようになった。

プレイとしてのSMと、主従としてのSMの差を認識していない。

それが、大きな原因の一つではないか?と、思うのだ。

対等なセックスの中の一つのプレイとしてのソフトなSMなら大丈夫でも、主従関係になるつもりは全く無い女も結構居ると思う。

それは普通に考えれば当然のことだ。

男が全員Sなわけではないように、女だって全員がMなわけではないし、

普通の人間として、尊厳というのは当然あるから、主従関係になって、常に誰かに組み敷かれているのを良しとする人間というのは、そう多くないのは、当たり前のことだ。

だから、プレイとしてのSMと、主従関係を作り上げるSMというのは、明らかに別物だと考えていい。

ここが大きな落とし穴だと、私は思う。

そして、それを認識してないSの男が結構居るような気がする。

失敗した大抵の男は、この二つのSMを混同してしまっていて、「SMプレイが出来たんだ。つまり、彼女はMなんだから、俺に従うんだ」と勝手に判断して、そのまま突き進み、撃沈しているという感じなのではないか?

女がMかどうか?主従関係を受け入れるかどうか?という判断は難しいもののはずなのに、それを「SMプレイが出来たから」という理由だけで、決め付けて、突っ走ってしまっているのではないか?

そんな風に思う。

”奴隷”ではなく、”彼女”としてでも、ずっと一緒にいたいと願うなら、なおさら、そこはじっくりと判断するべきところなのに、プレイが出来たということに浮かれて、判断を誤る。

そうなると、主従関係を作るどころか、彼氏彼女という関係すら壊れるようなことにもなりかねない。

男女関係を、主従関係にするというのは、男女関係を崩す可能性のある、リスキーなことだ。

だから、プレイとしてのSMと、主従関係を伴ったSMの違いというのは、しっかりと分けて、その上で、お互いの関係をどうするか?を考えないといけないと思う。

彼女のことをかけがえの無いパートナーだと思っていて、付き合いを続けることを最優先するのであれば、なおさら。

ここが、彼女が居て、主従関係に発展させたいと願うSの男が落ちやすい落とし穴なんじゃないのかと私は思う。

彼女を奴隷にしたいと望むS男はそれなりにいると思うが、本当に、気をつけて欲しいものだ。

失敗すれば、男はもちろん、彼女の心も深く傷つけることになる場合があるのだから。



テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト


思うに、なんのために、「SM」なのか?ということになりますでしょうか。単にS男性が自分の欲求・嗜好を満たすために主従関係を求めるとするなら、その身勝手さが女性側にも伝わってしまうでしょうね。
M女としては、自分のM性に気づいて開かせてくれる相手こそ必要としているのですが、そのあたりは表面的な行為で判断するのではなく、深層心理を読み取って頂きたいものです。ですから、御主人様には「普通以上の包容力」プラス「心理を汲み取る洞察力」が必要になりますね!(ああ、ウルサイ…笑)
私もSM論(?)語るのが好きなもので、つい熱くなってしまいます、すみません…vetさんのエントリーがいつも「そうそう、そうなのよ!」って感じでハマりまくってます。気づけば毎回コメントしてる…(汗)
[2009/10/24 21:45] URL | はる [ 編集 ]
追記…
ひとつ思い出しました。以前見た、あるSMサイトの相談コーナーのようなところに、「自分はMなのだけれど彼はノーマルで、奴隷にして欲しいと求めても『そんなことできない』と絶対してくれず、不満です。でも彼のことはとても愛しているので別れられません」みたいな相談がありまして、その回答が、「彼を愛しているのなら、彼の望むようにしてあげることがあなたにとっての『服従』という行為になるのでは?」というようなものでした。とても素敵な答えだなぁと感動したものです。やっぱりSMと言っても思いやりと愛、ですね。
[2009/10/24 22:09] URL | はる [ 編集 ]

御主人様の資質というのは、まさにおっしゃるとおりで、プレイとしては、普通の人間が求めないものを与える、そして、奴隷の求めているものを与えない、また求めていないものを与えているように見えて、実は一番深いところで奴隷が渇望しているものを見抜き、それを与えられるように導くというのが理想的なのでしょうね。だから、奴隷が表面上、苦痛や恥ずかしさ、屈辱感を感じたりしていても、その奥に快感や安心感、そして愛情が見える状況を作り出すというのが、奴隷の全てを支配する権利と責任を持っている御主人様のなすべきことなのだろうと思います。だから、S男が身勝手に自分の好きなことを奴隷にするというのと、ちゃんとしたSMというのは完全に違うものだと私も思います。
ただ、御主人様の快感というのもあって、やりたいこともあって、それができるからモチベーションも上がって、それで初めて、奴隷のことを考えられるという部分もありますよね。
だから、御主人様と奴隷、双方が、ある程度の我慢と、ある程度の我侭をお互いに許容しあうというのが、主従関係を成立させ続けるために必要なものだと思います。このあたりは男女や友達との付き合いでも同じことが言えますから、主従といっても、やっぱり人間関係の基本は同じなんですよね。

SMサイトの相談コーナーのお話、私もすごく深い答えだなぁと思いました。「相手の望むことをする」というのは、とかく「してあげているんだ」というある種の優越感のような気持ちになりがちですが、それを「服従」ととらえて、自分の満足に変えるということですよね。相手が望むことをして自分が満足するということっていうのは、本当に愛情そのものだと思います。

SM論、語るのは私も好きですよ。御主人様だった頃は、御主人様仲間とか、掲示板とか、そのオフ会なんかで知り合った方と良くお話していましたが、最近そういうのもありませんし、もともと、このブログの趣旨が、御主人様をやめることになった私が、SMを外から客観的に考えて、気持ちを整理してみたいということもありますから、SM論は賛成意見でも、反対意見であっても大歓迎です。
[2009/10/25 10:24] URL | vet [ 編集 ]

わ~、何か、すごく納得できる話ですね。私はソフトなSMプレイでMを演じられても、関係全般にわたって服従はできない(M性がない?)ので、vetさんが言われたように、もし、相手が「こいつはM性の女なんだ」って勘違いして自分達の関係自体にもSMを取り入れてきて、それに従わされたら、きっとすごく違和感があると思います。「あれ?何か勘違いされてる??あれは、プレイで、Mを演じただけなのに・・・?」って思うだろうな。vetさんは、ほんとに冷静に客観的に分析されてて、いつも感嘆します。勘違いしてるSの人たちは、みんなvetさんの指導が必要かも・・・。
[2009/10/28 19:03] URL | sabo [ 編集 ]

やっぱり、そういうsaboさんのように思う人もいるんですよね。完全にMではなく、プレイまでは許容できても、主従にいたるには違和感があるという。逆に男でも、SMプレイをするけど、普段も御主人様として君臨するのは疲れるって言う人もいますから、人それぞれですよね。
なんだか褒めていただいて、照れくさいですが、私が達観してると言うわけでもないんです。奴隷を持っていたときの知り合いの間とかで、失敗談も、かなり見聞きしたので、それを私なりに考えてみたというだけですので。ただ、多少冷静ではあるかもしれませんね。もしも、御主人様をやっていたり、今誰かと付き合っていて、その彼女を奴隷にしようと思っていたら、多分、そっちに必死で、こういう風には考えなかったかもしれず、私も同じ落とし穴に落ちていたかもしれないと思います。
そのうち、私がこういう風に思うようになった決定的な事件のお話でも書きますね。

[2009/10/31 11:35] URL | vet [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報