理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

美佳を奴隷にする話が一段落するまでの間に、コメントも、メールも、かなりただいた。

その中に、「彼女を奴隷にしたくて試行錯誤している」という、メールが何通かあった。

もしも女を奴隷にするコツなどがあれば、教えて欲しいという内容だったので私の思うところを書いて返事をさせていただいた。

その中にも書いたのだが、正直に言って、普通に付き合っている彼女を奴隷にするというのは、難しいと私は思っている。

特にMっぽさがあまり感じられない彼女の場合には、難易度はかなり高いと思う。

だから、そのメールへの返事もあまり良いアドバイスはできず、申し訳ないと思っている。

なので、私の過去の体験を書いて、どうして私がそう思うようになったのか?その経緯を知っていただけたらと思った。

それで、昔、私が体験した、ある奇怪な、というより珍妙なというか、悪夢のような、事件?の話を何回かに分けて書くことにした。

もちろん、この一件だけで「彼女を奴隷にするのは難しい」と思うようになったわけではないのだが、

私がそう思うようになったいくつかの事例の中では、これが一番インパクトのある出来事であり、また軽いタッチで書ける話だったので、書いてみることにした。

四方山話の一種ではあるが、結構長くなりそうなので、”四方山話(続き物)”カテゴリーにしてみたので、良ければこれから数回、お付き合いいただきたい。



以前、よく話をしていたSM関連のサイトで、オフ会があるというので、それに参加していたことがあった。

いつも、大体似たようなメンバーで会うことが多い会だったのだが、そこに、ある男が新しく参加してきた。

その男は、そのとき、彼女は居たのだが、奴隷を飼ってはいなかった。

だが、どうしても、その彼女を奴隷にしたいということで、そのオフ会にやってきて、他の参加者に相談していたのだった。

話を聞けば、彼女は意外とノリが良く、普通にセックスする中で、軽く縛ったりは出来るようだった。

でも、それはただ、そういうプレイというだけで、別に主従関係だからというわけではないとのこと。

だから、それをさらに進めて、しっかりとした御主人様と奴隷の関係になりたいと男は言っていた。

また、そういう縛りなどもできることから、彼女はMなのだとその男は主張していた。

とりあえず、その男の名前を仮に拓也、その彼女の名前を美穂としておく。

それで、美穂を奴隷にするにはどうすればいいか?ということについて、最初は、オフ会メンバー全員に話をしていたのだが、そのうち、

私と、もう一人、同じオフ会に参加していた別の御主人様(仮に正昭としておく)に相談するようになってきたというのが事の発端。

他にもメンバーが居たのに、なぜ私と正昭に、拓也が相談するようになったのかは良くわからない。

多分、年齢が近くて、一番話しやすそうに思われたのだろう…、と一応信じてはいるのだが、

他のオフ会メンバーが、厄介ごとを嫌ってやんわりと断り、その中では若い方だった私達に、上手いこと押し付けたからのような気もしないでもない…。

とにかく、厄介なことであるのは確かなのだ。

カップルの状況や力関係にも、女の性格などにも、色々なパターンがあるわけで、それを加味して考えるのは難しい。

実際、その場でどうすればいいか?ということについては、私も正昭もアドバイスは出来なかった。

安易にそういうことをして、二人の今の関係を壊すようなことにはしたくなかったからだ。

無理に主従関係を進めようとして壊れてしまったカップルを何度も見ていたから、こういう相談にはとても慎重にならざるを得ない。

でも、拓也は、自分は完全にSだからと言い張り、さらに美穂はMだとも言い切り、とにかく御主人様という存在にあこがれていて、早急に彼女である美穂を奴隷にしたがっていた。

そんな拓也の焦りを見た時点で、私も正昭も、少しため息をついた感じだったのだが、

話の流れ上、そのまま放置するわけにも行かず、とにかく話だけは聞いてやることになったのだった。

すると、拓也は、

「彼女、お二人に見ていただけないですか?」

などと、言い出したのだった。

見たからといって、分かるものでもないとは思ったのだが、拓也の熱意に押され、私と正昭は、美穂に会うことを承諾した。

すると、拓也は、

「じゃあ、今度、食事会、セッティングしますから」

というので、その二人と共に食事をすることが決まったのだった。

名目としては普通に、友達を紹介するということで、私と正昭はそれぞれ奴隷を一匹ずつ連れて行き、

拓也は美穂を連れてきて、6人で会食をすることにしたのだった。


テーマ:SM - ジャンル:アダルト


会食の日。

私は奴隷をつれて、待ち合わせ場所に行った。

その日は、新宿だったのだが、夕方に待ち合わせをして、少しデパートなどで買い物をしてから、

拓也が予約したという、てんぷら屋で夕飯を食べ、そのあと時間があれば少し飲むことにしていた。

その中で、私と正昭の二人で、美穂の様子や拓也との関係を観察し、どうすればいいかを考えるということになっていた。

考えるといっても、たいしたアドバイスができるものではないのは、私も正昭も分かっていた。

”彼女を奴隷にする”というのは、かなりリスキーな賭けのようなものでもあるし、タイミングなどもうまくいかないと成功しない。

私達が御主人様だからといって、確実なアドバイスが出来るというものではない。

もちろん、そのことも拓也には伝えたのだが、それでもいいからと懇願されての会食だった。

待ち合わせ場所、先についていたのは、正昭とその奴隷。

次に付いたのが、私と奴隷。

それが、待ち合わせ時刻の数分前のこと。

そして、4人で15分ほど待った。

待ち合わせ時刻が過ぎた。

その間に、拓也のほうから、「もう少しで、彼女と行けますから」という焦った声の電話が、何度かかかってきたのだが、なかなか来ないので、

先に、デパートで買い物しているから、その売り場に来るようにと伝えて、私達は歩き出した。

そのとき、一番最初に、ダメ出ししたのが、正昭の奴隷だった。

「時間も守れないなんて、美穂さんって、奴隷になる資格ないです」

と、なにやら怒っている。

おそらくは、自分の御主人様を待たせている美穂に対する怒りなのだろう。

正昭の奴隷はもともと、かなり気の強い女だったので、奴隷になってもそういうところはやはり残っているのだった。

奴隷というのは、気の弱い女がなるものというわけではない。

それははっきりいえると思う。

気が強くても、御主人様に絶対的に支配されるのが好きな女もいるからだ。

だから、気の強さは奴隷になる資質とは、それほど関係ないと私は思っている。

話がそれたが、とにかく正昭の奴隷が怒っていることに、正昭と私は苦笑し、私の奴隷はちょっと困った顔をして私を見つめていた。

そんな私の奴隷に、正昭の奴隷が話しかけた。

「ねぇ、その人、奴隷に向いてないと思わない?」

会う前に決め付けてしまっている。

私と正昭はまたも苦笑した。

「どうでしょう…。私なら、ずっと前に来て御主人様をお待ちしていたいと思うと思います。そういう時間が奴隷の幸せなのですから」

真面目に答える私の奴隷。そして、正昭の奴隷も、

「そうよね。それが私達の幸せなのよね。なのに、御主人様をお待たせするなんて、絶対に出来ない!」

ちなみに、拓也と美穂は、まだ主従関係ではないし、もうちょっと言えば、美穂は私の奴隷でも、正昭の奴隷でもないので、これはほとんど難癖に近い言い分なのだが、

私も正昭も、やっぱり苦笑して、そこには突っ込まなかった。

でも、正昭は、

「会う前から、そんなにカリカリするな。ちゃんと普通に会ってやれよ」

と、少し興奮気味の奴隷をたしなめていた。

すると、正昭の奴隷はハッとした顔をして即座に反省し、

「はい、申し訳ありません。会うときはちゃんとします」

と、すぐに美穂への批判をやめた。

そして、私達は、デパートの中をブラブラと歩き始めたのだった。

テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト


私達は、デパートの中をゆっくり歩きながら、食器を見たりして過ごし、私は、私の奴隷がかわいいと言った小さな湯のみを買ってやったりしていた。

正昭も、ぐい飲みを奴隷と一緒に選んだりと、なんだか和んだ雰囲気で買い物を楽しんだ。

そして、待ち合わせ時間から1時間後。

そろそろ、夕食に予約したてんぷら屋に行こうかという頃合になって、拓也から電話が来た。

「すいません。ほんとにすいません。てんぷら屋、先に行っていてください。後から駆けつけますから…」

という、途方にくれたような電話だった。

その電話によると、美穂の支度にかなり時間がかかり、しかもそれを少し急かせたら、喧嘩になったのだそうだ。

それをなだめていたら、遅れて、結局、てんぷら屋に後から駆けつけるくらいの時間になってしまうとのことだった。

やっぱり、私と正昭は苦笑した。

そして、私が、

「彼女、面白いかもな」

なんて言い、正昭が

「SとM、逆のほうが案外上手くいくんじゃないか?」

なんて言って笑った。

それを聞いていた正昭の奴隷が、

「どうして御主人様たちはそんなに、気楽なんですか?私なんて、ずっと腹が立って…」

と、やっぱり少し怒りつつ、不思議そうに聞いてきた。

それに対して正昭が、

「アドバイスの答えは、とっくの昔に決まってる。こんな会食、本当は、しなくたって良かったんだ。だから、なんとも思ってない。俺らだけで美味いてんぷら食えばいいじゃないか」

といって笑った。

それはどういうことなのか?という顔をして、正昭の奴隷が正昭を、私の奴隷が私を見た。

私はさすがに決めてはいなかったが、正昭の言いたいことは分かったので、

「”雰囲気が良さそうなときに切り出せ”とか、”様子を見ながら、徐々に時間をかけてそういう状況を作っていけ”とか、良く言われるような当たり障りのないことでも言うつもりだったんだろ?」

「ああ。似たようなもんだけど、vetはまだ優しいな。俺は”的確なアドバイスなんてない”って言おうと思ってたよ。最初から」

といって、大笑いしている。

だが、正昭の言うことは、口は悪いが正しいのだ。

十人十色の男女関係において、女を奴隷化するマニュアルみたいなアドバイスは最初からないと思って良い。

確かに女を奴隷にするのが上手い男というのは存在すると思うが、それはMにしやすい女の見極めが上手いということも含まれている。

だが、拓也の場合、女がすでに決まっているから、奴隷にしやすい女かどうかを選べないので、難易度は格段に高いのだ。

結局、”彼女の状況を見て自分で判断しろ”。それしかないと私も思っていた。

私も、言えるものならそう言って突き放し、彼女を奴隷化する難しさを伝えてやりたいところなのだが、

わざわざ会食までセッティングして走り回っている拓也の健気さを見ると、突き放すのは少しかわいそうにも思っていたのだった。

私はやっぱり甘い。


テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト


拓也と美穂のことを色々と話しながらてんぷら屋に向かっている途中、

正昭が、

「でもな。ここまで平気で待たされると、ちょっと面白いかもしれないな、その美穂って女」

と言い出した。

「なんか思いついたのか?」

「さっき言ったように、SとMを逆にしろって、本気で言おうかと思って。だから、その美穂って女を見るのが楽しみになってきた」

といって、不謹慎な笑いを浮かべていた。

それを見て私も苦笑する。

確かに、逐一、私達に連絡を入れて、ちゃんと謝ってくる拓也のほうが明らかに社会人としてまともだし、真面目だし、マメだった。

それに対して、遅れていることにも全く平然としているらしい美穂。

そういう二人の性格を考えると、正昭の言うことも的を得ている気がしないでもない。

少しづつ見えてきたその二人の力関係を思うと、私もその意見に同調しかけていた。

ただ、性格と、M性があるかどうか?奴隷になれる女かどうか?というのは、また別だというのも、

私も正昭もわかっていたから、これは冗談だということは、皆わかっていた。

そして、意地悪な笑いを浮かべる二人の御主人様を前に、奴隷達は、深いため息をついた。

「本当に、ご主人様は意地悪です」

と、正昭の奴隷が言い、

「それでも、御主人様、ちゃんと見てあげてください。美穂さんも、もしかしたら、すごくMで、奴隷になりたいのを恥ずかしくて言えないでいるだけかもしれませんから」

と、私の奴隷が言った。

そんな奴隷達の言葉に、やっぱり私達、御主人様二人は、苦笑したのだった。


そうこうしている間に、私達はてんぷら屋についてしまった。

まだ拓也たちはやってこない。

でも、電車に乗っているので、もう少しだという連絡が入っていたりと、5分おきくらいに状況を伝えてくる。

とにかくマメで真面目な男、拓也。

そんな拓也が、てんぷら屋に入っていてくれというので、私達は、先に店に入って二人を待つことになった。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト


私たちがてんぷら屋に入って予約していた個室(靴を脱いで上がる和室)でくつろいでいると、

しばらくして、やっと拓也とその彼女である、美穂がやってきた。

美穂はどちらかというと、ギャル系と言えばいいのか。

茶髪に軽い巻き髪、濃い付けまつげに、黒っぽいシャドー、着ているものも、バックも、アクセサリーも、そういう雑誌のモデルが身に着けているようなものだった。

体型は標準的というか、女としてはすこしガッチリしているほうかもしれないが、顔も小さくてスタイルは良く、イメージとしては、渋谷とか、原宿あたりを歩いているいまどきの若い女という感じだった。

だから、私の奴隷のようにスーツに近いようなフォーマルな格好に黒髪で薄化粧の女とは、対照的だった。

そして、拓也と美穂が部屋の戸のところにくると、まず、拓也が、

「こっちから会食に誘ったのに、こんなに遅れてしまって、ほんっとにすいません」

と最敬礼のように頭を下げた。

「いや、色々あったみたいだし、連絡ももらってたから、大丈夫だよ」

と、私が明るく声をかけたが、そうしたら、隣に居た美穂が、

「大丈夫なら、あんなに心配しなくてもよかったじゃない。だから言ったでしょ。ああ、おなかすいた」

と拓也に言って、靴を乱暴に脱ぐと、空いている席に胡坐をかいて座った。

拓也はまだ、靴も脱がず、部屋の戸のところで美穂の言動に固まっている。

そして、私の隣で、私の奴隷の目がものすごく鋭くなり、美穂を見ていた。

もう、何か言いたげにしているのが分かったので、

「お前は口出しするな」

と、小声で言ってそれをとめた。

戸口で固まっている拓也に、正昭が、

「とりあえず、そんなところに突っ立ってないで入りなよ。まず、食おう」

ということで、やっと拓也が部屋に上がる。自分の靴をそろえ、さらに美穂が脱ぎ散らかした靴もそろえて…。

そして、その奇妙な会食が始まったのだった。

料理自体は美味しかったし、話をしていても、美穂も普通に話が出来たし、盛り上がりもした。

ただ、初対面なのに、いきなり全員に対してタメ口だったのには驚いたが、話し方としてはそのくらい。

話の内容もこれといっておかしなことはなく、そのくらいの年代の女としては、そんなものだろうと、少なくとも私は思っていたし、話自体は楽しかった。

ただ、その横では、なんだかハラハラしながら、拓也が見守っている。

美穂が話をするたびに、色々とフォローを入れたり、とにかく美穂が良く見えるように、これ以上の失礼がないようにと気を使っているのがわかる。

私達にしてみれば、拓也がちょっと気の毒に思えたくらいだ。

私の奴隷と、正昭の奴隷は、私達、御主人様はもちろん、拓也や美穂にもお酒をついだり、追加注文を言いに行ったり、なにやら、かいがいしくしていたが、

それは奴隷として、御主人様や、その友人に奉仕するのが当然と思っているから、そういうことをするというだけであって、

女だからそういうことをやれとは私は思っていなかったから、美穂が何もしないこと自体は、なんとも思わなかった。

ただ、美穂の態度は、普通の社会人として見てもあまり褒められたものではなく、

そのときは誰もタバコを吸っていなかったのに、周りの誰にも確認せずにタバコを吸い始めるとか、

トイレに立つときに誰かに足がぶつかっても何も言わないとか、

そういう普通の気遣いすらないところには、少し驚かされた。

そして、拓也がその真逆で、気を遣いまくっているというか、もう半分オロオロしているような状況が展開されていた。

だから、美穂がトイレに行ったとき、

拓也が、

「美穂、どうお思いますか?」

と、私と正昭に聞いてきたときには、私も正昭も答えを出していたのだった。

テーマ:支配と服従 - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報