理系Sの牝奴隷には言えない話
元、”御主人様”だったvetのSMに関するいろんな話。
はじめに

 いらっしゃいませ、とでも書くべきだろうか。とにかく、あなたが見に来てくれたことは素直に嬉しい。ありがとう。

 このブログはSM、男女の主従関係に関することを主に取り上げて書いている。なので少しアブノーマルだ。だから、初めてこのブログを訪れた人は、右側の欄の”このブログについて”をまずは読んで、それに同意できた場合のみ、読み進めて欲しい。

 また、このブログ、少々ややこしい構成になっている。そのあたりも説明してあるので、それも理解してから読んでもらえればと思う。説明を読んで問題がなければ、二度目以降からは以下のエントリーを好きなように読んでもらえればそれでOK。

 AVや他の本格的なSM系サイトなどとは、多少違った視点からのSMの世界を知ってもらえれば、幸いだ。特に読者を指定するつもりはないが、御主人様を探しているM女などにはSMの実態を知るということで、参考になるのではないかと思うので、御主人様を選ぶ前に、SMの世界に飛び込む前に読んでもらえれば嬉しく思う。

 私への意見や質問、相談、その他の話などがある場合には、右側の欄の中段あたりにある”管理人、vet宛メール”のところのリンクから、メールフォームにいき、メールを送っていただければと思う。メールフォームは2つ用意してあるが、どちらから送ってくださっても構わない。また、各エントリーのコメント欄に書いてくださってもいいので、気軽に話しかけてくれればと思う。


※パソコン以外で見ていて、何故かここしか表示されずに困った方は、以下のボタンを。

 ▼スマホの場合▼
スマホ版へのボタン

 ▼携帯の場合▼
携帯版へのボタン

私が奴隷に対して思っていたこと。

”愛情”について。

書こうと思ってみて、すでに、ちょっと照れくさいのだが…。

自分の気持ちを書き残すという意味では、もっと前に書いても良かったことなのだろうが、なんとなく、照れくさくて、書きにくくて、頭の中に、このことはあったのだが、距離を置いていた。

でも、今は、その距離が少しだけ縮まった気がしたので、書いてみたくなった。

別に何かがあったわけではないのだが、ふと、愛情のことを気にしていた、ある奴隷のことを思い出したので、今日は、そういう気分の夜、ということだ。

いつもと違って、私の思うところを、思いつくままに書いてみることにする。

もしも、文章を構成し、読みなおして、推敲したら、きっと、私の、奴隷への愛情について書くのは、照れくさすぎて、途中で断念してしまいそうだから。

パンストフェチの話を書くよりも、ある意味ではハードルが高い。



主従関係に愛情があるのか?という話をしたことがあった。

他の御主人様や奴隷の方、また御主人様のいないM女性などともあるし、ノーマルな方などにも、そういう話をされたこともある。また、メールでもたまに頂く。

私の奴隷の中で、主従での愛情のことを、とても考えていたのがいて、その奴隷と真剣に話をしたこともある。

だから、主従関係における愛情というのは、主従関係を持っている人にとっても、また、まだ未体験で、これからその世界に入ろうかどうかと考えている人にとっても、興味のあるテーマなのだろうと思う。



ノーマルな恋愛なら、愛情というのは、普通についてくるものと考える人が多いのだろうが、主従という、少し特殊な関係においては、御主人様と奴隷の間に愛情はあるのか?と疑問に思われることは、言われてみれば、確かにそうだなと思う。

恋愛関係というのは、その名の通り、”恋”や”愛”を基盤に成り立つのだろう。

だから、心が、愛情で満たされることが、条件というか、目指すところになるのだろうと思う。

私は、いわゆる、恋愛関係(主従を含まないノーマルなもの)の経験が、圧倒的に少ないので、本気で語るのはおこがましいから、”だろう”なんて感じでしか書けないが…。

一方、主従関係というのは、”主”と”従”、そうなるのはつまり、関係する2人が、S性とM性を持っていることが、基盤になる。

そこには、”愛情”の存在が、不可欠であるとは、言えない。

”S性やM性が満たされる”というのが、主従関係を結ぶときの、最低限の条件であり、それを満たすための関係として、主従というものがある。

主従関係の中に、”愛情”というのが、存在することはもちろんあるし、私はそれがあったほうが、より関係を深められると思っているのだが、必須条件ではない。


主従関係に、愛情を持ち込まない御主人様というのは、いる。

主従関係というよりも、SMプレイをするため、S性、M性を満たすためだけの関係という風に割り切っている人もいる。

待ち合わせ場所と、簡単なお互いの性癖を打ち合わせて、その場限りのSMをする、なんて人もいる。

そこまで簡単に繋がるのではないにしても、主従関係と、愛情をきっちりと分けて、御主人様は奴隷に愛情を注がない。奴隷も愛情を求めない。ある意味、ドライな主従というか、SMをしている人もいる。

S性やM性という特殊な性癖を満たすことのために繋がる。

こういう関係の主従もある。

でも、これは、主従に限らず、普通の男女関係でも、セックスだけのための付き合いというのもあるから、それと多分変わらないのだと思う。

”セフレ”なんて言葉があるが、そこには性欲を満たすという目的だけがあって、愛情がない場合も、多いのではないかと思う。


また、主従の場合、一方的な愛情というのもある。

これは、奴隷から御主人様へ、というものが多いように思うのだが…。

奴隷は御主人様に対して、大きな愛情を持っているが、御主人様は奴隷を、取り替えのきく、それこそ”物”としてしか思っていないということ。

主従ということで言えば、これがもしかしたら、一番自然な姿なのかもしれない。

ある御主人様が、言っていた言葉を思い出す。

「俺、奴隷を好きになっちゃったんだよな…。そしたら、鞭(を振り下ろすの)が怖くなったよ」

と。

つまり、奴隷に愛情を向けたら、奴隷を、”奴隷”として扱えなくなってしまったということ。

御主人様の中には、こんな人も居る。

だから、御主人様が奴隷に愛情を持たないのは、”主従”という関係なら、一つの理想形なのかもしれない。

主従関係においては、こういうことも普通にある。

ノーマルな恋愛で、愛情が一方通行の場合、関係が破綻に向かう可能性が高くなると思うのだが、

主従では、それをも、奴隷が受け入れていることがある。

むしろ、そうであることを望む奴隷すらもいるから、一方的な愛情でも、関係が成立し続ける可能性は、ノーマルな恋愛よりも高いのではないかと私は思う。

ただ、その末路というか、最後までそれで、奴隷が耐え続けられるのか?ということを考えた時、奴隷といえども、虚しくなることがあるのではないか?なんてことも、私は思ったりもしている。

実際、そういう関係に疲れてしまった、M女性からのご相談というのもいただくので。

「御主人様からの愛情が感じられない…」と。

一方的に注ぐだけ、返ってくることのない愛情でいいと思って、本当に最後の最後まで貫ける奴隷は、どのくらい居るのだろう。

その先に、奴隷は、何を見るのだろう? 何が残るのだろう?

私は、そんなことを思う。


また、御主人様に愛情を向けることを戸惑う奴隷も居る。

好きになっていいのだろうか?と。

主従として始まったのに、恋愛感情を持ってしまった。

御主人様のことが、本当に好きになってしまった。

でも、それを御主人様に言ったら、面倒臭がられて、捨てられるのではないか?

御主人様はそんなつもりは無いのではないか?

主従関係の中で、愛情を持ったら、その関係は壊れるのではないのか?

そんな心配。

これも、主従関係と、愛情とが、リンクしないと思っている人が考えてしまうことだと思う。


そして、主従でも、奴隷に愛情を注ぐ御主人様も居る。

自惚れかも知れないが、私も、そういうタイプだと思う。

と、こう書くのが照れくさいので、この話は、敬遠していたのだが…。

とりあえず、今日は頑張って書く。

私は、全ての奴隷に対して、愛情を持っていたと思っている。

とても短い時間しか付き合えなかった奴隷もいるが、それでもその奴隷には、私が、その時に、その状況で、できる限りの愛情を注いだ。

本気でそうしたつもりだ。

また、愛情を注ぐことができないと思う相手とは、主従関係なんて結べないとも、思っていた。

だから、私は、SMプレイだけと割り切った、奴隷との主従関係というのは、持ったことがない。

私が”私の奴隷”だと認め、奴隷も私を”自分の御主人様”と認めていた、全ての奴隷に対して、愛情を出し惜しみしたつもりはなかった。

それは、断言できる。

でも、「愛している」なんてことは滅多に言わなかった。

「好き」とも、おそらく殆ど言ってない。

元々、そういうことを言うタイプじゃないし、正直、恥ずかしいし、「御主人様はそんなことを軽々しく言わない」なんていう、いつもの妙なプライドも手伝って、愛情を口に出すのも、メールに書くのも、態度で示すのも、躊躇していた。

愛情表現をあまりしていない。

それでも、数少ない、伝えた場面を思い出してみると、奴隷が精神的に、本気で落ちてしまったときに、私の本音を伝えて引っ張り上げるとか、

別れるときに、そういう気持ちだったと伝えるとか、「もう少し、まともなやり方があるだろう」と言われそうな感じでしか、自分の気持ちを表現していない気がするが、

直接的に伝えない、表現しないだけで、そういう気持ちは、ずっと持っていた。

「表現しないものは無いも同じ」なんて言う人も居ると思うので、私の愛情というのは、奴隷にとっては、無いものだったのかもしれないが…。

もしも、そうなら、とても残念ではあるが、私が、ちゃんと表現しなかったのだから、自業自得なのだろう。


そして、肉親以外の愛情というのが、何であるかを私に教えてくれたのは、奴隷たちだと思う。

ひたすら蔑んで扱ったくせに、手酷く貶め、痛めつけたくせに、絶対に失いたくないと思ったもの。

それが、私にとっての奴隷。全ての奴隷についてそう思っている。

愛情とは、どんなものか?と問われたら、私は、”奴隷に対して持っていた気持ち”と答えると思う。

それは少しひねくれている部分もあるし、ノーマルな意味での”愛情”とは違うものなのかもしれないが、

失うことが最も怖かったもの。そんな必要不可欠な存在に寄せた強い想い。ということになると思う。

そういうことを思うとき、私は、そんなに怖かったのに、なんで奴隷を失うようなことになったのだろう?と考える。

具体的な事情とか、そういうものは、もちろんあるから、理屈で言えば、失った理由はちゃんと説明できる。

奴隷にする前から、ある時が来たら、失うとわかっていた奴隷も居た。

それでも、構わずに、愛情を向けた。

私が、「なんで失うことになったのか?」と考えているのは、そういう具体的な事情という意味ではなくて、

もっと、感情的な、というか、私が普段あまり信じていない、運命というものか、上手く言葉にならないのだが、そういう、具体的な事情とは別の、何か…。

やっぱり、上手くまとまらない。

普段ならこんな文章は、エントリーにしないのだが、今日はこれを書きたいと思っている。

なんとか、書いておきたい。

でも、愛情、なんて、私が考えるからこんなことになるのだろう。

私はどうも、それを表現するのが、苦手だ。

奴隷に対しても、こうしてエントリーにするにしても。

でも、持っていた、と思う。

持っていなければ、奴隷に対して、あんなに思い入れが強くはならなかったと思う。


”失いたくないもの”と書いたが、”強く求めたもの”でもある。

私が奴隷を求める理由というのは、Mだからということもある。

私のS性を満たせる存在だから。

ノーマルだったら、もしかしたら、あんなに強く求めなかったのかもしれない。

でも、奴隷に強い想いを持った時、Mであるかどうか?というのは、私は、それほど気にしていなかったのではないか?

なんてことも思う。

主従関係を持ったきっかけは、奴隷にした女性のM性にあったのは確かだ。それがないなら、主従関係など成立しないのだから。

でも、そのあとは?

その後も、私が奴隷と繋がっていた、繋がっていたいと願った、別れたくないと心から祈った理由は、Mだからというだけではないと思っている。

想いを向けるようになったから。

愛情を注ぐようになったから。

そういう部分がなかったら、あんなに、強く求めなかったようにも思うし、別れるのがあそこまで辛くはなかったと思う。

私の中では、奴隷は、Mというだけではなく、他の要素でも、私を強く惹きつける存在であったのだと思っている。

とても、好きだったと思う。

愛情を向けていたいと、自然に思わせてくれた、大切な存在。それが、私の奴隷。

でも…。

私は、すべての奴隷と別れている。

私が、奴隷との関係を考えるとき、やっぱり、この事実に必ず引っかかる。

もしも、奴隷に対する想いや、愛情や、それ以外でも何か、を、もっと強く持っていたら、別れるべき事情を、乗り越えることができていたのかもしれないと。

もしも、そんなものがあるなら、見つけておきたいと思っているのだと思う。

次に、誰かとつながった時、その首輪のリードを離さずに済むかもしれないのだから。

でも、それが何であるのか?というのは、わからない。

ただ、私が今の段階でやれることは、奴隷のことをちゃんと見ること、受け止めること、そのままを認めること、想いを向けること、守ること…。

それらが、私として、奴隷に向ける具体的な”愛情”と呼べるものなのではないかと思う。

結局、今までの奴隷に対して、してきたことと同じなのだが…。

多分、今後、奴隷を持ったとしてもそうすると思う。

そうすることが私にとっても幸せに思える。

今の私はそう思っている。


一応書いておくが、これは、奴隷に向ける”愛情”なのだと、私が思っていること。

他の御主人様のことではない。

”私”のことだ。

冒頭で書いた通り、愛情のない主従もある、愛情が一方通行な主従もある、そして、私などよりも、もっと深い愛情でつながった主従もあるのだろうと思う。

主従に、愛情を求める(求めない)のなら、ちゃんと、そういう相手を選ぶことだ。

どんな付き合いをしてくれる人なのかを見極めることだ。

S男にしても、M女にしても。

主従というのは、恋愛のように、”愛情”や”好き”という気持ちが、もれなくついてくるとは限らないのだから。

欲しければ、そういう人を。

欲しくなければ、そういう人を。

”愛情”を気にするのなら、選ばないといけないから、きっと普通の恋愛よりも、より相手を吟味する必要が、主従にはあると私は思う。


私が個人的に思っていることではあるが、私は、主従にも、愛情がある方が、その大きさが大きいほうが、より深い関係を作れると思っているし、信頼関係も強くなると思う。

そして、そういう関係になった時には、同じプレイをしても、快感や幸福感は、比べ物にならないくらい、大きくなると思う。

精神的なものの影響は、計り知れない。

やっぱり、自惚れなのかもしれないが、私は自分の奴隷を見て、そう感じていた。

そして、私は、今も、奴隷を持てるなら、奴隷とのそういう関係を望んでいる。

”愛情”のある、”愛情”に満ちた関係を。


テーマ:主従関係 - ジャンル:アダルト



話術と書いたが、考えてみたら、このブログを読んでいる方の中に、私と肉声で話をしたことのある方は、かなり少ない。

ご相談のメールなどでお話をしていて、できれば、直接話がしたいと、わざわざ私に会いに来てくださった方とお話をしたことは何度かある。

また、たまたま、私が住んでいる函館(北海道)に、旅行に来たので、vetにでも会ってやるか、ということで、お会いした方などもいらっしゃる。

そういう方々は、私の話し方は、ご存知かと思う。

でも、殆どの方は、私の話し方というと、ブログや、メール、コメント欄での文章になる。

だから、話術というよりも、文章の書き方といった方がいいのかも知れないが、とりあえず、私から出る話ということと、私の話の展開の仕方もあるかなということで、こんな題名にしてみた。

そして、なぜ、こんなことを書こうと思ったのか?というと、以前にも、メールで言われたことがあるのだが、最近も、メールに書いてこられた方がいらっしゃるので、今更ながらだが、私のことを、書いておこうと思ったということ。

ブログだけなら、読むのが大変なら、読まずに、それまででいいと思うのだが、私にメールを送って話をしたいと思う方は、以下のことを、ご承知おき頂きたいと思って書くものだ。


まず、大前提。

私は、話が下手だ。

そして、私は、このブログの題名にもしている通り、理系人間だ。

全ての理系人間が、そうだとは言わないが、なにかと、説明をしたがる。

きちんと、言葉を定義して、その言葉を使って、的確に、そして、詳しく、わかりやすく、説明したいという、気持ちが根底に流れている。

もっと簡単にいえば、文学的文章ではなく、論文的文章を書く傾向がある(というか、そういう風に書きたいと思ってしまう)。

なので、曖昧な表現をすることが、どうも苦手だ。

また、意図がちゃんと伝わらないのも、嫌だ。

でも、感情のこととかは、曖昧にしかわからないので、それを書くときには、一文を書くのに、ものすごく悩んでいたりもする。

以前書いた、感情のままのエントリーなどを読まれた方は、わかるかと思うが、ああいう時、文章が、ものすごく短かったりするのは、そのせいだ。

そういう人間なのだ、私は。

もっと言えば、本当は、文章だけのブログやメールにしたくないと思っていたりする。

といっても、緊縛写真をアップしたいとか、SM動画を貼り付けたいとか、そういうことではない。

何かを説明する時などに、可能なのであれば、図や表を駆使して説明したい。

使っておられる方もいらっしゃると思うが、Windowsであれば、PowerPointだし、Macなら、Keynote‎みたいなものを使ってやりたいくらいに思いながら、文章を書いている時もある。

でも、会社のプレゼンでもなければ、学会発表でもないので、さすがに、ブログやメールに、図をつけたりは、しない。

その代わり、私の文章は、自分でも思うが、長くて回りくどくなる。

私の頭の中には、書きたいことが、文章として浮かんでいる時と、グラフィカルなもの(図や表や、写真、映像など)として、浮かんでいる時がある。

その、グラフィカルなものを文章表現にするとき、ものすごく、説明が長くなる傾向がある。

そして、説明が長くなってしまうと、わかりやすくするためと称して、例を出したりする。

その例が、適切ならいいのだが、あまりうまくなかったりもする。

それで、私の例について、

「vetさん、それは、ちゃんとした例(説明)になってないかもです。あ、でも、雰囲気はわかりますよ、雰囲気は(笑)。だから、大丈夫ですけれども…」

なんて感じで、ご指摘をいただくことが、たまにある。

すごく優しく書いてくださるのは、皆さんの寛大さなのだと思うが、要はわかりにくいのだ…。

そして、多分だが、例を失敗していたり、書きすぎて分量が多くなっていたりして、読むのが大変になっている。

これは、推測ではあるが、私がメールのお返事を書いて、それに対して、何も反応がなくなってしまう場合の、何割かは、きっと、私の文章(話し方)が、不適切だからではないかと思っている。


何度も言うようだが、私は、決して、文章がうまいわけではない。

それは、わかっておられるとは思うが、今一度、認識していただきたい。


ただ、一つだけ、胸を張りたいのは、ブログもそうだが、メールのお返事を書く時も、一生懸命に、なるべく丁寧に書いている。

決して、手を抜いて書いたことはない。

それだけは、誓って言える。

もしも、これからも、私の話にお付き合いいただけるなら、

文章が長くなっても、話が重複したり、回りくどくても、例がなんか微妙に的を外していても、ちょっと失礼なことを書いてしまっていても、

適当な気持ちや、悪意を持って書いたものではないことだけは、わかっていただければ嬉しい。

下手は、下手なりに、精一杯、なんとかうまく伝わるようにと、考えて、書いていることだけ、わかってほしいと思う。

それから、私へのお返事も、私と同じくらいの分量で書かないと、失礼になるとか思わなくてもいい。

話したい部分にフォーカスしたりして、適度に割愛してもらって構わない。

むしろ、そのほうが、あなたが、本当に話したいと思っていることがわかるから、嬉しいし、助かる。


そして、「文章が長いので読めません」との、ご指摘くださった方、また、同じように思われた方、こんな私なので、もしも、主従やこの世界についての、ご相談があり、私と話すのが、大変だと思うなら、

そのときは、私以外にも、この世界について、ブログを書いていたり、twitterや、その他のツールで情報発信されている方は、それなりにいらっしゃるので、もっと話の上手な方を見つけてください。

私は、残念ながら、上記のような書き方でしか、お返事はできませんので。

私にできるのは、出来る限り、一生懸命に、なるべく、丁寧に、お返事をするということ。

それが、私の話術?ですから。


テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

このブログについて

著者:vet

 ※このブログには、エロ動画やエロ画像、官能小説のようなものは一切無いが、内容が内容なので、SMや主従関係という、恋愛の形に不快感を覚える人、違う世界の話だと思う人などはすぐにブラウザを閉じて、このブログのことは忘れるように。

 私は以前、牝奴隷を飼っていた元”御主人様”。でも、今は飼っていない。奴隷を手放した経緯とか、過去の奴隷の話、そのときの気持ち、奴隷への想い、今だから考えられること、言えること。書きたいことを書きたいままに綴るブログ。
 また、今、これを書いている私の現状について、ご質問を頂くことが結構あるので、それについては、
 ◆私について
というカテゴリの中に、”現状の私”というエントリーにして書いておいた。このカテゴリには、私自身のこと(私の好みや、調教の方針など)をメインに書いているエントリーを入れてあるので、興味のある方がいるかどうかは分らないが、もしも気になるなら、見ていただければと思う。

 SM話はストイックになりがちなので、多少軽いタッチのコラムも交えて書いてみようと思う。奴隷を飼っていない今だから書ける御主人様の本音などをできるだけわかりやすく、そして正直に。今、奴隷になっている牝や、御主人様を探しているM女なんかには、御主人様の側の気持ちが少しは分かってもらえるかもしれない。ちなみに、私は理系的な思考傾向なので、考えすぎることが多く、そのために、なにやらややこしいことになることも多々ある。そのあたりも笑って読んでもらえれば、幸い。

 メールやコメントなども楽しみにしている。気軽な恋愛話、気楽なSM話から、SMや主従関係のこと、Mであることなどについての悩みや、相談、質問など、真面目なお話まで、どんなことでも、しっかり伺おうと思っている。恥ずかしいとか、こんなことを言っては変に思われるのではないか?とか、考えることもあるかも知れないが、私は、それなりに長くSMや主従関係の世界に居たので、それほど驚くことは無いと思うし、他人と変わっていることでも、変だとは思わないできちんと伺うつもりなので、メールやコメントは、遠慮せずに送ってくださればと思う。

 リンクフリーなので、気に入ったら、好きにリンクしてくださればと思う。言っていただければ、私からもリンクするので、そういう意味でも気軽に声をかけてもらえれば幸い。

 このブログは、私が奴隷と過ごした日々を時系列で綴った続き物の話と、SMに関するちょっとした小話や、SMに対する私の考えや体験、見聞きした面白い話題などを個々に書いた単発物のコラムとが混在している。

 続き物の話は、エントリーの題名に第何話という番号が書いてあり、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●最初の奴隷
 ●二匹目の奴隷
 奴隷と私とのストーリーを読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムは、以下のカテゴリにまとめてある。
 ●四方山話:1エントリーでひとつの話
 ●四方山話(続き物):複数エントリーでひとつの話
 短い話を気軽に読みたい場合にはこちらを読んでもらえればと思う。

 単発物のコラムの中でも、SMの技術的な話だけは別にしてある。それは、
 ●SM技術
にまとめておいた。技術的なことに興味のある場合には、こちらを読んでもらえればと思う。

 カテゴリの記事は古い順に並べてあるので、カテゴリ名をクリックしてもらえれば、続き物の記事でも最初から順番に読めるようになっている。


  当ブログ内に書くことは、私が実際にやってみたことや考えたことであって、それが正しいかどうかを完全に検証したわけではない。だから、もしも同じことを試す場合には自己責任で、細心の注意を払って実行して欲しいと思う。SMなので、体への損傷などの可能性もなくはないから。とにかく気をつけて欲しい。そして、このブログ内のことを試して、いかなる不利益が生じたとしても、私、vetは免責されることとする。そのことはしっかりと承知した上で読んでもらいたい。
 奴隷のためにも、そして御主人様のためにも、本当に無茶なことはしないで、幸せなSMを楽しんで欲しいと願っている。

最新記事
カテゴリ
管理人、vet宛メール

当ブログの管理人、vetへのメールは以下のリンク先のメールフォームから送っていただければと思う。2つあるが、どちらのメールフォームからでも、良いので、都合の良い方を使ってもらえればと思う。

メールフォーム1
メールフォーム2

月別アーカイブ
twitter

ブログよりも、短い話題はこちら。 こちらの方がブログよりも気軽に書いている。また、チャットみたいな感じで誰かと会話をしていることも多いので、ブログでの私のイメージと少し?だいぶ?違うかもしれない。あまり遠慮せず、気楽に話しかけてくれると嬉しい。

最新コメント
コメントボード

掲示板形式で話ができる場所。ブログにコメントできない時のための非常用に作ったが、それ以外でも、私と参加者、また、参加者同士などで、話をするのにも気軽に使っていただければと思う。

コメントボードへ

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

アルバイト情報